やはり時差が問題

今週ずっとワークショップが続いています。現地派とネット派のHybrid方式。僕は職場オフィスのパソコンで内職しながら参加中。アメリカ時間で開催されてますので,欧州の参加者は夕方,日本の方々は深夜,ちょっと大変そうです。

それとは別件でオンライン会議が2回,こちらはヨーロッパ側がホストしていたものの,こちらの都合に合わせてくれたので,こちらの時間は午前中が1回,お昼が1回。

気の毒だったのは日本側です。こちらの正午は日本の深夜3時。3時に起きての参加なのか,そのまま徹夜だったのか分かりませんが,便利なのか不便なのかよく分からないオンライン会議,今後も活発に利用されそうです。

2 thoughts on “やはり時差が問題”

  1. ちょっと前ですが、日本主宰でアメリカ時間午前3時の会議に参加したことがあります。こういう場合はそこまで起きる(そこから寝るになることはあるかもですが)をやります。今週はアメリカ主催で日本時間午前3時の会議があるのですが、どうしようかな。時差の調整中にそういうことをやるとほぼ調整不可能になるので。あ、蒲田の温泉いいですよ。時差ぼけに効くのかどうかは不明ですが。

    1. missssyさん,午前3時は微妙ですね。そのまま起きてるか,2時くらいまで寝るか。朝6時のフライトに乗るために2時起きというのはよくやってたのですが,あれは搭乗後にまた寝られますからねえ。日本滞在中に海外時間で会議参加すると,もうずれたままになってしまいそうです。スキップしちゃいましょう。

コメントは停止中です。