刻々と変化する煙と風と

付近で発生した山火事,さほど火急ではないものの,まだ予断を許さない状況です。11年前に町に避難命令が出されたとき,凄い煙がLos Alamosを直撃していましたが,今回の煙は南の方を薄く流れ,日中に煙たさを感じることはあまりありません。目や喉に少々刺激はありますが,午前中はいつも通りの青空が広がっています。

でも午後から夕暮れ時にかけて風がかなり強くなり,風向きによってはこちらへ煙が流れてくるようです。空にうっすら広がった煙のせいで,こんな太陽の輪っかが出現することも。

4 thoughts on “刻々と変化する煙と風と”

  1. 山火事の噂を同居人経由で聞いて、心配していました。住居や建物が焼け始めたら煙を吸い込まないように注意してくださいね。

    1. あーにゃさん,家が火災になると有毒ガスも発生するでしょうね。いまのところ煙はあまりこちらには流れてこないので,空気はそんなに悪くないようです。

  2. こんな珍しいもの見せてくれることもあるんですね。
    いやいやいや、火事の煙で見られるんじゃ喜べません。
    ほんとに早く鎮火するといいですね。
    アメリカだけでなく、毎年のように大規模火事が起きていて、
    住民の皆さんのことも、地球のことも心配です。
    どこかを自分の思い通りにしたいとかいって戦争仕掛けてる
    場合じゃないです。

    1. ポージィさん,山火事の煙が広がってると不思議な光のコラボが見られるようです。そりゃ喜んでる場合じゃないんですが。昨今の環境問題,ほんとに悪化の一途ですね。アメリカの山火事の規模はどんどん大きくなる一方です。そのうち人間が住める地域はすごく狭くなってしまうんじゃないかと。火星移住計画,考えないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください