もう初夏の日本へ,労力最小の法則

アメリカ帰国のためには搭乗24時間以内にCOVID検査をしておく必要があります。かなり湿度が高く不快な日です。極力外を移動したくないし,スーツケースを持ち歩く距離は最短にしたい。

国際ターミナルでコロナ検査すればいいのですが,あそこの会場の検査はバカ高い。おまけに国際ターミナルの飲食店はほぼ閉店してるので昼食できない。

おまけに陰性結果が出るまでは,チェックインしてスーツケースを預けることはできません。頭のなかで,羽田空港出発の日のシミュレーションを繰り返しました。

最初に考えたのは,まず国際ターミナルへ行き,そこでスーツケースを一時預かり。手ぶらで第1ターミナルに行ってCOVID検査し,結果を待って国際へ戻る。これならスーツケースの移動はありません。

でも残念ながら国際ターミナルの一時預かりは営業中止中。コインロッカーもありますが,満杯だったら元も子もない。

第二案,真っ先に第1ターミナルまで行き,そこで一旦手荷物預かり。コロナ検査してランチして結果を待つ。陰性もらったら手荷物を受け取って国際へえっちらおっちらバスで移動。コインロッカーの空席状況の心配もありません。

手荷物係へ行き,これ預かってくださいとスーツケースを2つ指差したら,

「そっちにあるコインロッカーのほうが安いですよ」

じゃああなたの存在理由はなに?

4 thoughts on “もう初夏の日本へ,労力最小の法則”

  1. 労力最小で海中をただようヒモムシの写真にも見えましたが、すでに日本上空におられたわけですね。羽田でのシミュレーションは参考になります。せっかくだから移動はモノレールにしようかな。いろいろお疲れ様でした。ターミナルでのビールは格別だったでしょう。

    1. missssyさん,大荷物あるときはモノレールが便利ですよね。スーツケース置き場もあるし,浜松町までは階段に遭遇することもないかも。今回はあまりに暑いなか地下鉄に乗るのは耐えられず,空港までタクシー使っちゃいました。少々お高いですが,やっぱり楽ですよ。

  2. 今回は、海外漫遊、じゃないグルメ 紀行、でもない、海外学旅再開の小手調べ。コンディション復調してきましたか。サンテミリオンは飲めたけど九絵(que)は食せましたか。順次、巴里、維納、菰方面再開ですね・・・ブログ楽しみです。

    1. Gonnekoさん,日本国内もかなり普通に戻ってきて,お楽しみも増えてきましたね。季節のものは,柏餅くらいしかなかったかも。欧州方面も開通してくれたらさらによいのですが,海外出張再開はまだまだのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください