もう初夏の日本へ,何でも3割引

帰国するちょっと前から円安が進行し,今では$1ほぼ130円。ここまで円安なのは20年ぶりというので,僕が渡米した頃にアメリカに持ち込んだお金は大損してた計算。

それはまあしゃあないとして,物価的にはやはり$1=100円くらいな感覚です。ということはつまり,ドル建てクレジットカードで買い物すれば全てが3割引ということ。これはもう使わない手はありません。

今回の帰国で,普通のUSBからiPhoneを充電するケーブルを忘れてきてしまったのです。全部USB-Cだけありゃいいやと思ってたら,航空機内の充電プラグはまだ無印USBのまま。

帰りの便でも同じかと諦めてたら,電源プラグからUSB-Cに繋げられるアダプタを安売りしてたのです。通常は1600円くらいなのが,値下げ価格1300円。これが$10くらいなので,そりゃ買います。帰国後も使えるし。

大活躍中のクレカ,銀座のヤマハでも当然使いました。面白そうな楽譜を物色してレジへ。でもちゃんと値段を確認してなかったのです。

楽譜なんて普通2000円くらいなものと高をくくってたら,真ん中のBachの編曲譜はなんと6000円。

高すぎるので要らないとも言えず,これもドル建てで3割引だいと自分を納得させて購入したのでした。

8 thoughts on “もう初夏の日本へ,何でも3割引”

  1. 八重桜一輪の花筏ですね。筏より小舟の方がいいかな。
    相続関連のげんなりするような所用あれこれを片付け
    ながらも、今回はご自分の楽しみのための時間も持つ
    ことができていらして良かったです。
    円安、ここまで急激に進むとは驚きです。
    1$=¥100 くらいが計算も楽でありがたいですねぇ。
    米ドルの定期預金を持っていて、今解約ならやっと待ちに待った
    儲けが出る状態になったのですが、いざそういう時が来たら、
    今度は少しといえども米ドルの預金も持っていた方が良いの
    かしらん‥という気持ちが生まれて、結局何もできずにいます。

    1. ポージィさん,ふわふわと水面を流れる八重桜,ちょっと風流でしょ。相続のあれこれ,やっと全部終わりました。こういうと変ですが,一人っ子には一人っ子なりの便利さもあったようです。ドルの定期持ってらっしゃるんですね。売るなら今な気もしますが,無くなってしまうのもちょっと残念な気もしますね。

  2. プーランクや三善晃よりバッハのほうが高いんですか。さすが音楽の父、強気の商売ですね。

    日本在住組には円安がどこまで進むのか気がかりです。ようやく再開しそうなアメリカ出張のホテルを探しつつ、円換算でやたら高くつくので溜息が出ます。

    1. Hiroさん,需要と供給の経済理念かもしれません。三善晃はシンプルな楽譜探してきました。よさげなら,もっとぐいぐい行ってるのを買おうかなと。
      日本のホテル相場に慣れてると,アメリカのホテルは激高く感じますね。ヨーロッパでも同じですが。最近都市部のホテルだと$150なんて安いほう,$200越えもザラなので,日本円だと3万近くなってしまいますね。

  3. 何でも3割引。いいお買い物が出来ます様に。楽譜って意外とお値段いいんですね。びっくりしました。

    円安気になりますね。今まで外貨貯金動かせなかったですが、もう訪問することもない国の通貨はこれを期にに売ろうと思います。って大した額ではありませんが。

    1. いたずらリスさん,とくに著作権の残ってる楽譜は結構なお値段ですよ。そうでないのでも1000から2000円くらいなもんです。円安,すごいレベルになってますね。外貨あるなら売るのはいまかも。さすがにこれ以上安くはならないと思うんですが。

  4. 何年も前の円高の頃は帰米時に成田で1万円を両替して100ドルちょっとになるのが楽しみでした。円安に移行した頃はこちらで100ドル出したら1万円にならず、なんという手数料の高さだと憤慨してそれっきりでした。今ならさすがに1万円よりは多くなるかな。でも日本へ行くのは夏なので、それまで円安が続くようにと願うのもあんまりですね。ちなみに日本は一人いくらですが、アメリカは一部屋いくらなので、大人数で泊まれば割安感がでます。

    1. missssyさん,現金を両替するとがくっと減りますね。とくに空港でやるのは,もう最終手段かと。やはり恩恵得られるのはクレカ払いでしょうか。円安はしばらく続きそうですよ。ちょっと行き過ぎなので,戻そうとはしてるようです。

コメントは停止中です。