コロナ禍の日本帰国,東京雪景色

渋谷Bunkamuraで開催中のフィンランド・デザイン展にふらりと立ち寄り,外にでたらこの状況。天気予報で雪になるとは聞いていましたが,まさか都心で積もるとは。

これはやばそうだと渋谷駅まで走り,地下鉄へと「上り」ました。変な駅。

家に戻ってきたときにはもう雪景色。東京は雪で大混乱。ニュースでは転倒した車や滑って怪我した人のニュースなどなど。これくらいの雪で?とは思うものの,慣れてないんだからしゃあない。

雪の夜はぬくぬく炬燵でお抹茶。アメリカ帰国後,しばらく体重計には乗らない決心。

2 thoughts on “コロナ禍の日本帰国,東京雪景色”

  1. この翌日の昨日のほうが危険でした。
    雪がとけたアスファルトのツルツルは足を乗せた途端に滑ります。
    あっちでもこっちでも尻もちつく人だらけ。
    私は坂であやうく下まで行きそうでした。
    10㎝の雪で~~~というマウントはもう慣れっこだから
    なんとでも言ってくださ~~~い

    1. Chieさん,僕も翌朝ちょっと歩いたんですが,日陰の歩道はかなり危険でしたね。つるつるで転けそうになりました。でも500人が転倒で怪我ってニュースみると,根性が足りんっておもいますんです。

コメントは停止中です。