コロナ禍の日本帰国,寒中見舞

忌中というのが仏教なのか宗教あまり関係ないのかよく分かりませんが,自分で新年言うのもなんなので写真のみ。昨年元旦の記事を見たら,やっぱり似たようなことを書いておりました。

年末より実家のあれこれを片付け,今年の確定申告に戦々恐々するものの,火急案件はアメリカ帰国。でももしかしたら三ヶ日明けてから何か急な連絡あるかもと,動きにくい状況です。

それはさておき,久しぶりにだらだらとした日本の年明けでした。日本の正月は2年前にもあったのですが,あの時はそういう雰囲気でも環境でもなく,一人キッチンでテレビ見ながらビールな生活でしたし。

そんなキッチン生活で再び一月半費やした後の,のんびりした大晦日です。テレビ見ながらビール,ってあれ? おんなじやん。

8 thoughts on “コロナ禍の日本帰国,寒中見舞”

  1. それはお正月でなくてもどこの国にいても同じじゃないですか、こたつにビール。ぬくぬくに冷や冷やですね。

    1. 巣篭もり猫娘さん,どこにいても同じなのです。違いといえば,おつまみをすぐにコンビニに買いに行けるってとこですかね。

  2. 我が家は喪中じゃありませんが、それでもお正月気分は
    全然盛り上がってこないバタバタした年末でした。
    LiLA管理人さん、束の間でもゆっくりおできになって
    良かったです。アメリカへのお帰りは、心身のお疲れを
    少しでも癒してからでなくては心配です~

    1. ポージィさん,ここ数日でかなりリフレッシュすることができました。あとは大浴場にでもいきたいなあと思ってるんですが,残念ながら近所にはないようです。晴天続きはよいですね。

  3. お正月が待ち遠しいほど楽しいのは
    お年玉がもらえる子供か、
    旅行の計画でもある人ぐらいじゃないですか?
    お正月明けに仕事場であくびばかりしててすぐばれる。
    お正月というのはだらだら退屈しながら、
    ああ早く日常に戻りたい!
    ね。これが正しい姿。
    ポージィさんがおっしゃる通りですアメリカへ帰ってから
    どっと疲労が出て寝込むなんてならないように
    もっとダラダラダラダラ~~~

    1. Chieさん,お年玉あるわけでもないし,まあ普段と違う日が嬉しいかなって程度ですね。しかし東京の正月はどこへ行っても人だらけ。自分もその中のひとりとは言え,人間疲れしてしまいます。家でじっとしててもテレビもつまんないし。

  4. 寒中お見舞い申し上げます。
    何やら賑やかな缶ビールでございますね。
    年始は、マラソンの応援で始まります。実業団と箱根駅伝。我が母校の応援と卒業生や九州勢に声援を送っております。
    東京での時間をのんびり過ごされているようですが、行く所、人人人のようですね。コロナにお気をつけ下さい。消毒をマメにしてくださいね。年始休み明け、どうなるかわかりませんが、なるようになります。今のうち充電しておいて下さい。

    1. いたずらリスさん,どこへ入るときも消毒が必ずあるので,手のひらのばい菌が激減している気分です。人によっては,店を出るときも消毒してますね。ふたたび感染が広がりつつありますが,そろそろニュースにもならないような慣れが蔓延しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください