コロナ禍の日本帰国,ざくざく散歩

Los Alamosでは見ない霜柱,道路脇の植え込みに見つけたものの,ざくざくと踏まれてすでに粉々になってました。みんな踏みたいって思うのね。

早朝散歩しないと,にょきにょき状態の写真は撮れないのかも。

田舎だと田んぼのあぜ道あちこちに霜柱を見つけたものですが,都会じゃそうもいかない。地面がぽっこり上がってるのを見つけると嬉しくなります。

4 thoughts on “コロナ禍の日本帰国,ざくざく散歩”

  1. 子供の頃はそこらじゅうで霜柱を見たものです。
    モリモリしてたら必ず行って踏んずける!
    運動靴が土で汚れるので母親はまたやったとおかんむりでした。
    おかんむり・・・こんな言葉が出てくるのは霜柱経由ですきっと。

    写真クッキリですねー水晶みたいね。
    早朝散歩すればあるんですね。
    踏んでみたい!!

    1. Chieさん,もりもりしてたら踏んづけますよね。ざくざく楽しい。最近じゃ土の場所が殆どないので,霜柱も立とうにも立てない。道路脇の植え込み,それも日陰側が狙い目です。

  2. おぉー、懐かしいです。我が家の周りにそんな霜柱を見れるところあったっけ?子供の頃、よく踏んで通学してました。綺麗だけどさむっ、です。

    1. いたずらリスさん,まずは土の場所を探さないとですが,少ないですよねえ。どっか近所に神社でもあれば,霜柱も立ってるかも。また気温下がるようなので狙い目ですよ。狙ってもしかたないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください