コロナ禍の日本帰国,残務処理

実家に残されていた酒類は2本の焼酎と2本のワイン。数年放置されていたものですが,アルコールだし腐ったりしないだろうと消費しております。でもこの海苔焼酎だけは一口飲んだっきり。口に残る海苔の風味。なんで海苔なのか。脳内が混乱する味です。

さて話は昨年の3月に遡ります。母親が亡くなり,残されたものの中に銀行の通帳がなんと5冊。中には本人が存命中ほぼ空にした口座もありましたが(なんで解約しない?),その他はどれも微妙な残高です。

どうやら自動引き落としの種類に応じて口座を新しく作って行ったらしい。サービスによっては銀行を指定されたものがあったんでしょうか。どの口座から何が引き落とされてるのか,よく分かりません。4月以後に落ちるものもあるかもしれない。これじゃ解約できないと,全部そのまま放置してアメリカに帰国しました。

そして今回。再び通帳記帳。引き落としが全て止まったことを確認して,まずは現金引出し。と言っても数万円という話。来週改めてそれぞれの銀行に行って解約の手続きします。放置してもいいかなーなんて思うんですけどね。

そして今日,遺留分の中からクレジットカードを発見。カード払いは無いものの,年会費がどこかから支払われてるはず。でもそれが分からない。とにかくカード会社に電話して解約。皆さん,カードやら口座やら遺族に分かるようにしておきましょう。

16 thoughts on “コロナ禍の日本帰国,残務処理”

  1. 私の場合、母の介護が長かったせいか、そこの点は把握しておいたので大丈夫でした。光熱費なども全て私どもの管理の元でした。取り敢えずは面倒な場所の金融機関は、母がまだ歩ける時に一緒に行って解約してもらってました。買ったけどほとんどしていなかった補聴器屋さんからDMが母宛に送付されてきます。止めて貰えばいいんでしょうが、いずれ止まる日を待っています。

    お酒は珍しいものが残っていそうですね。あと3本。何が登場するか楽しみです。時期的にお酒には力入れてそうですし、博多や天神に出ればお酒はまた買えますよ。それにしても海苔の焼酎ってどんなものでしょう?考えてしまいます。

    1. いたずらリスさん,ゆっくり時間をかけて対応されてたんですね。宣伝郵便は宛先不明にならない限り送り続けられると思いますよ。うちは電気学会誌ってのが送られてきてたようで,学会に電話して止めてもらいました。会費払ってる様子はなかったんですが。
      昨日,スパークリングワインを開けたので,いま一生懸命飲んでます。一晩経ってかなりシュワシュワ感が減っております。

  2. ちょっと前にカリフォルニアに行ってみそのカクテルを飲む機会がありました。確かに味噌の風味が出ており、化学薬品としてのアルコールのえげつなさを強調する効果があるように感じました。大吟醸などお好みの方には嫌われる味かと。父親は20以上の口座を残していきました。なんでこんなに多いのかわけわかりませんが、口座を作りに行って銀行の人と話をして、粗品をもらってくるのが趣味だったとしか思えません。急逝に近い形で亡くなったので先が思いやられましたが、登記もふくめてノートにびっしりそういう情報が書かれていて助かりました。暗証番号も、って自分の生年月日じゃないか。。

    1. missssyさん,味噌カクテルですか?! さすがCA,なんでもありですね。群馬だったか味噌パンってのがあって,あれは好き嫌い分かれるようです。口座が20以上あったんですか。そんだけ銀行の種類があるってのもびっくりですが,ノートあってよかったですね。暗証番号はアルアルですが,あたりつけて数回やって失敗するとロックされてしまいますからねえ。20の口座,全部解約されました?それともほどほどお金引出してあとは放置とか。

      1. おんなじ銀行でいっぱい作ってました。変な意味で有名人にな
        ってたんじゃないかと。後々面倒なことにならないように全部解約しましたが、ふと気がつくと限度を超えていて、今年はIRSへ海外残高報告を提出しました。どっちにしろ不動産の相続も報告しないといけなかったので。アメリカの税法では被相続人が税金払うそうです。機能的に払うことは不可能だと思うのですが、この国の税法は奥が深いです。ちなみに自分の作った口座は渡米の際に放置しました。学会で地方へ行ったときに隣で飲んでる地元の女の子のグループが窓口やってるときいて次の日に口座をつくったりとか、そんなのばっかでしたから。あれ、どっかで聞いたような話。。

        1. misssyさん,同じ銀行で別口座ですか。窓口のおねえさんに会う口実だったんですかねえ。ってmisssyさんもやってるじゃないですか。一通り終わったら,次の難関が税金です。僕はおそらく確定申告するためにもう一度帰国する必要がありそうです。 アメリカの方も頭痛いです。海外にお金ありませんとは,さすがに言えないレベルになってしまいましたから。

          1. アメリカの確定申告、相続の報告、海外資産の申告は日本のそれに比べるとミクロンレベルで簡素ではありますが、このタイミングだと次のリターンで作業することになると思うので息つくいとまがないですね。とりあえず必要な情報は土地、家屋の評価額、口座の12月31日時点での残高と年間通じての最高額です。それぞれの銀行の住所とアメリカが勝手につけた長い背番号(ネットで検索可能)も必要になります。証拠の書類を出すわけではなく、数字は自己申告というのがなんともアメリカです。相続と海外資産の申告は似て非なる2種類の書類が必要で、片方は郵送でしか受け付けず、、などと細かいことはそれなりにありますので、税理士さんに頼むと良いと思います。もし私のレベルでわかることで情報など必要でしたら、よろこんで。

            1. missssyさん,僕のほうでも簡単に調べてみましたが,二箇所に報告しないといけないようですね。よろしければ後で相談させてください。なんかさっぱり分かりません。今回は住民票のほうもゴニョゴニョしましたので,日本の税金とかもう逃げ出したいほどです。

  3. いま故人の立場で、遺族といろいろ調整の日々。理系人間だった故人としては、グレーゾーンの多い成人後見人とか税法とか贈与とか相続とか、学ぶもの多々。この曖昧さに比べれば量子力学の不確定性なんぞ可愛いいもんです。

    1. hbar-nekoさん,どんどん紙が溜まっていきます。僕が後輩に残すのは自作プログラムだけなんですが,理解できるかどうかは相手次第ですねえ。とりあえず自分のお金は全部自分で使っていきます。

  4. 有明海の海苔は高級だけど何で焼酎にしようと思ったんでしょう。
    今も生産してるのかな?

    ところで預貯金の事って存命中には聞きにくい。
    でも悲しみの後には残高が気になります。
    友人は当然千万単位あるかも♥と蓋を開けたら100万足らず!
    一緒に住んで生活費は友人が出していたのだから消えた大金は謎です。おばあちゃん何に使ってたんだろう?

    親の世代の通帳とカードは手に取って見れるからまだいいです。
    私達はパソコンやスマホの中身の処理があります。
    考えないことにしてるけど、
    デジタル音痴の私はどうしたらいいんでしょう。
    あ、でも私が最後の1人だから見るとすれば赤の他人。
    ほっときゃいいの?w

    1. Chieさん,海苔焼酎,いまでもあるっぽいです。需要あるのか不思議です。消えた大金はオレオレ送金しちゃったんですかねえ。親族とは言え,お金のことは微妙です。でもせめて口座を一つにしておいてくれたらよかったんですが。
      パソコンの中身はどうせ誰にも見られないだろうから放置です。無理にあけたところでどうでもいいファイルしかないし。決められた日数使わないとディスク全部消去してくれるソフトもあるようですよ。使うのかなり怖いけど。

  5. 残っている酒類の消費=残務処理ですね!

    1. あーにゃさん,頑張ってます! いま,ワイン一本空けました。
      そうそう,近所のスーパーでWenteが売られてました。こんなところまで侵略かーって。

  6. 江の島で、銘菓・海苔羊羹なるものを食べたことが
    ありますが、あれは美味しかったです。
    海苔焼酎はどんなお味か想像できませんが、
    LiLA管理人さんが一口でギブアップされるとなると…
    作って販売したということは良いと思った人もいるのかなぁ。
     
    預貯金や株といった資産も頭が痛い残務処理ですね。
    いずれ夫が残務処理しなくちゃいけない高齢者が3人。
    想像するだけで頭が痛くなります。

    1. ポージィさん,海苔羊羹なんてあるんですか。海苔は個性的な味なので,ご飯との相性以外は想像しにくいですよね。預貯金はともかく,株だけはなんとかしといたほうがいいですよ。これまた今回,大変な目にあいました。

コメントは停止中です。