コロナ禍の日本帰国,色いろいろ

ぼちぼち生活しております。風呂が直って以来,スーパー銭湯には行かず,温泉のもとを買ってきて日に三回。ジョギングシューズは無いので,午後や夕方に食事場所を探して散歩。カラフルな晩秋の日本です。

ヨーロッパの方ではまたロックダウンが始まるほどの混乱ですが,日本は全くの普通の生活なのが不思議です。以前と違うのはマスクだけ。

8 thoughts on “コロナ禍の日本帰国,色いろいろ”

  1. 桜の葉ってこんなふうに色変わりするんですね。
    真っ赤と真っ黄が人工色じゃないと全然ケバくない。
    積もった銀杏の葉がここまでなのは見たことないけど、
    子供の頃神宮外苑の銀杏を蹴散らかして遊びました。

    東京のイルミネーションも冷たい青です。
    LEDだから仕方ないんでしょうけど
    昔の赤みのある光が懐かしいし好きです。
    押し入れに見つけたから玉切れだらけだけど付けて見ようと思います。

    1. Chieさん,桜の葉は一斉に同じ色にならないので,銀杏や紅葉みたいな壮観さはありませんが,一枚一枚がきれいですね。冬に青のLEDを集めるのはなんででしょうね。今じゃどんな色でも出せるのに。やっぱり寒い雰囲気を演出してるんでしょうか。うちにあるハロウィンのLEDはオレンジかぼちゃですよ。

  2. あら、ジョギングシューズ無かったのですね?残念。Li LA管理人様が帰福されて以来、殆どお天気続き昼間もポカポカ陽気が続いています。晴れ男ですね。青空に紅葉が美しく映えます。

    博多駅広場のクリスマスイルミネーションは、毎年どこかが少しだけ変化しているのですが、殆どわかりません。N.Y.の様にはいかないようです。今年はコロナ禍でクリマスママーケットの様子も様変わり。柵が設けられ出店の数も減ってますね。LINE登録して柵の中でワイン飲まれましたか?やはり陽が落ちると人が湧いて出てきますね。(笑)

    1. いたずらリスさん,ジョギングシューズは東京に置いてきたんです。新しいの買ってもいいんですが,かさばるので。いい天気が続いてますね。寒くもなく助かってます。なんせ防寒着を全く持って帰ってなかったので。博多駅のクリスマスマーケット,入るのにCOCOAアプリの提示を求められました。たまたま帰国時に強制的にインストールされたので,すんなり入れましたけど。もちろんホットワイン飲みましたよ。

  3. 青いLEDはそれがやはり日本の発明だからじゃないでしょうかね。iPSを並べられても楽しくはないでしょうし。高ジアスターゼはともかく、赤痢菌は見たくはないでしょうしね。今日はこちらは大雪でシーズン初めということもあって事故多発でしたが、日が射すと雪映えの美しい午後となりました。

    1. missssyさん,エサキダイオード並べたり八木アンテナ並べたりもできるかも。そちらはもう冬ですね。福岡はまだ晩秋の空気です。今日も上着一枚くらいで外を歩ける程度でした。このまま暖冬が続かないかなとちょっと期待。無理でしょうけど。

  4. ん~ なんて綺麗なんでしょ。
    ちょっとずつ色付きの違う葉っぱを並べたら
    すごく素適なグラデーションが出来ましたね♪
    トップのお写真にずーっと釘付けです。
    2枚目のイチョウの葉散り敷いた風景も地面が明るく輝いて、
    夜の街にはイルミネーションが輝き、
    昼も夜もいちばん彩り豊かな季節かもしれませんね~

    1. ポージィさん,桜の紅葉って(きれいなのを選ぶと)きれいですよね。押し葉にしたら枯れてぼろぼろになっちゃうのかな。この彩りの季節が終わると寒々しい枯野の季節。でもそこかしこに小さなきれいがあるかも。日本は綿毛は少ないですかね。

コメントは停止中です。