コロナ禍の日本帰国,帰福準備

全て順調に行くことを仮定して,水曜日の福岡行きうフライトを予約しました。現在無人の実家です。戻っても生活できるかどうか分からない。少なくともお湯は出ません。昨年3月,僕が温水器を止めてきましたから。

とりあえず1泊だけホテルを予約しようかとも思いました。でもまあそういう状況ならホテルへ直接行けばいいやと,まずは帰ることに。お風呂だけなら,どっか大浴場があるでしょう。

あと生活に困るものはと考えて思い出したのがWiFi。実家にInternetは無いので,いつもモバイルWiFiをレンタルしています。それを予約し,受け取りを羽田空港国内線にと思ったら,なんと窓口が無い。海外からの人が激減してるので需要が無いらしい。国際線ターミナルの窓口だけ開いてるようなので,まずはそっちへ行く必要ありそうです。

その他。食器類は最低限しか残ってませんが,料理はどうせやらないのでOK。暖房は多分ホットカーペットが残っていたはず。TVと電話は生きているはず。でも冷蔵庫を開けるのは恐ろしい。ま,帰ってから考えよう。

8 thoughts on “コロナ禍の日本帰国,帰福準備”

  1. うちの実家も同じく空っぽです。宿泊費がかからないのは助かるんですが、その他諸々の労力が半端じゃありません。
    熱々の湯気が写り込んだ本場のとんこつラーメンの画像とか、お待ちしております。

    1. あーにゃさん,そちらも空っぽですか。海外在住組としては頭の痛い問題ですね。はたして生活できるのか,今日判明します。熱々ラーメンじゃなくて,またコンビニグルメかもしれません。

  2. 柿おいしそ。柿はアメリカでも食べられるんでしたっけ。

    Wi-Fiのこと思い出されて良かったですね。 
    冷蔵庫の中身、残ったままなんですか?
    ぅ…それは怖いですね。過ぎし日の悪夢がよみがえります。
    でろでろドロドロになったものを発見して処分した時の。
    義実家の場合、冷蔵庫の中に限らずそこら中に大量に
    要処分の元・食べ物がありましたし。
    そんなものは残っていないことを祈ります。

    1. ポージィさん,柿が売られてることはありますが,熟しすぎてたりとタイミング難しいです。冷蔵庫の中がどうなってるのか分かりません。一応親戚が全部空っぽにしてくれてるはずなんですが。でろでろどろどろだけは避けたい。食料品は昨年3月に極力処分したはずなんですが,これまたはたして?

  3. そもそも国内線にモバイルの受け取りがあったことの方が驚きかも。実家のWi-Fiはなぜか生きており、マックエアがちゃんと認識してネットに繋がったことに却って岩に染み入る静けさを感じたりしました。温泉の出る別荘は、もう使うことはないだろうと温泉を解約してしまいました。数年ぶりに訪れたら家の場所がわからない。いや、さすがに場所はわかりますが、垣根が増殖して入り口が消滅していました。博多にはこんな温泉があるようですね。
    http://www.fujinoen.co.jp
    https://www.yaoji.co.jp/spa/

    1. missssyさん,なんとご実家のWiFi,生きてましたか。それは便利。ネット環境はあったはずなんですが,なんか超変なことしてて,電話線からパソコン直結という意味不明なものでした。もちろん解約してきました(多分)。温泉の出る別荘とはうらやましい。でも定期的に使わないとそうなってしまいますよね。管理費だけでもたいへんかも。博多駅あたりはなんかあるみたいですが,ちょっと足のばして太宰府まで行けば普通の温泉もありますよ。

  4. 主が二人とも高齢で亡くなり空き家になった親戚の家、
    一番若いのが私というので仕方なく後始末を引き受けた時、
    一番参ったのが道路がすっかり変わっていて曲がり角がわからず
    なかなかたどり着けない。
    そしてそう冷蔵庫、段ボール、山のように出た捨てるもの。
    これの集積場がまたまた不明・・・
    半月ほどいましたが死ぬかと思いましたw
    ご実家だからそんなことは無いでしょうが体に気を付けてください。

    1. Chieさん,残された空き家の管理というか処分,ほんと大変です。いっそ放棄してしまえば楽なんですが,それもねえ。そちらは親戚の家を押し付けられてしまいましたか。全部業者丸投げの手もあるんですが,捨てていいものか残すのか,その分類も大変ですよね。ご苦労さまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください