コロナ禍の日本帰国,食べる

親戚宅へ移動して,自主隔離期間中の食生活が著しく改善されました。手作りピーナツの前菜。

メインはすき焼き。

そしてデザート。こりゃしっかりと運動せねば。

6 thoughts on “コロナ禍の日本帰国,食べる”

  1. 親戚のお家が無かったら隔離先のホテル暮らしが続いてたんですね。
    ちょっとぞっとします。
    毎日だとコンビニ食独特のあの味にうんざりします。
    ピーナッツの料理というかこれはバターで炒めた物ですか?
    熱々をたべたら止まらなそう。
    すき焼きもすごくちゃんとしてる。
    私のすき焼きなんて人前に出せるシロモノじゃないとこれ見て思いました。
    お茶はお濃茶ですか?
    LiLAさんの御親戚は由緒正しいです。

    1. Chieさん,ずっとホテルだと気が滅入りますね。ジョギングできるようになったので環境全く違います。まあコンビニ食でも僕は生きていけるんですが。
      ピーナツはオリーブオイルで炒めたんだそうです。ちょっと冷えたほうが美味しかったです。お茶はお薄です。お茶の先生の方ですから。

  2. 正統派の関東風すきやきですね。九州バージョンとは違うところもあるのでしょうか。ふと気がつくとアメリカではすき焼きを食べる機会がほとんどないですね。一番近いのはかの国で食べた火鍋ですかね。全然似てませんが。

    1. missssyさん,実際のところ,すき焼きってあまり家でやらなかったので,九州バージョンが分かりません。ちなみに叔母も九州です。最近,Los Alamosのスーパーで薄切り肉が売られるようになったので,焼き肉環境がアップしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください