コロナ禍の日本帰国,散歩する

帰国後ひたすら自主隔離期間開けを待っています。できることと言えば散歩か在宅ワーク。叔母宅にジョギングシューズがあったので,ジョギングも可能。

天然石の壁があれば,当然化石を探します。

街路樹も疲れるらしい。

煎餅かなにかが置かれてるのかと思ったら,なんとキノコ。東京特産品。

皇居の堀。水面下の見えない石垣も,こうやって水を堰き止めて整備するらしい。

さて今日も秋晴れ。走ってきますかね。

3 thoughts on “コロナ禍の日本帰国,散歩する”

  1. 走っているといろいろな新発見があるものですね。
    一番上はピンセットの化石ですか?
    今回掲載の分は、普段何の変哲もない風景ですが、写真にして見ると驚愕するものばかりです。面白いです!

    1. いたずらリスさん,ピンセットの化石かもしれませんが,まあイカみたいなやつ,ベレムナイトだと思います。古代のミサイルの可能性も否定できません。

  2. どうしてLiLAさんの眼は可笑しな物をキャッチするんでしょう(笑)
    イカなんですか?この化石。
    しゅーっと泳いでた時何か起きたって事?
    日本橋の高島屋だか三越だかの階段の壁が大理石で、
    アンモナイトの化石を見ましたけど日本橋にアンモナイトがいたわけじゃないんですよね。
    この木肌模様の街路樹は東京中にあるんですけど、
    見えない裏側でこっそり手すりに掴まってるなんて考えたことも無かった。
    なんだか可愛いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください