コロナ禍の日本帰国,まずは自主隔離

2年前まで,この光景を見ながら出張へ出かけてたのに,今ではすっかりご無沙汰になりました。1年半ぶりの早朝フライトです。まずはABQ空港でのチェックイン。

最終目的地が日本ということで,COVID19テスト結果のを求められました。ここでは単に書類を見せるだけ。

SLCを経由してSeattle。ここから羽田に飛びますが,次第に状況は厳しくなってきます。登場前にカウンターに呼ばれ,再びCOVID19テストの確認。今度は書式を詳細にチェック。実際には書式ではなくてテスト項目の確認のようでした。

ここで一人脱落。前に並んでた人が,どうやらテストの種類が違ってたらしく搭乗拒否。

テスト以外にも,厚労省の質問事項に答える必要があります。カウンターのQRコードからそのページへ飛び,必要事項を記入。完了するとまたQRコードが出ますので,それをスクリーンショット。

そこまで確認してようやく搭乗です。でもここでどさっと別の書類が渡されます。似たような質問が並び,手書きでチェック。

元号の令和は困りました。今年何年?

客室乗務員さんにうっかり,

今年,平成何年?

日本到着から先がまた長かった。長過ぎるので,ここから先はまた明日。

8 thoughts on “コロナ禍の日本帰国,まずは自主隔離”

  1. フロイス、ヴァリニャーノの昔から、日本入国記は貴重な記録であります。コロナ禍下、時と場所次第であまたヴァラエティがありましょうが。まずはお帰りなさい!

    1. Gonnekoさん,ただいまです。なんともまあ面倒な時期に帰国となってしまいました。ブログのネタには困らないというのもなんですけど。でも季節は良い時期ですね。暑くもなく寒くもなく。ホテルに籠もってると恩恵ありませんが。

  2. このブイをみたということは羽田には無事着陸したわけですね。日本到着といえるのはマスク美人の波状攻撃を受け切ってパスポートにスタンプが押されたときです(最近は頼まないと押してくれませんが)。令和は始まったばかりだから覚えるのが簡単、と思っていたらもう元年じゃないんですね。

    1. まだ一桁だけど、一桁覚えきった頃にゃ翌年、下手すりゃ翌々年になっちゃってる。この頃は注意されるまで西暦で押し通してます。恐怖の令和二桁まで心配する必要ないかも世代だし。

      1. Gonnekoさん,そもそも令和の時代だってことすら忘れてました。使いませんもん。西暦といえば西暦なんですが,この頃は会計年度を使ってばかりです。世知辛いですねえ。

    2. missssyさん,はい無事着陸しました。なるほどマスク美人の波状攻撃,ようやく分かりました。いったいどこで何をチェックしてるのやら,さっぱり分かりませんでしたけど。一回で全部できないのかなと。パスポートスタンプ,僕は毎回押してもらっています。なんかで出入国の記録出せって言われるかもなので。

  3. 取り敢えず「お帰りなさい。」福岡まで無事に辿り着いて下さいね。3日間隔離なのか気になるところですが、そう願ってます。
    令和を望郷の彼方へ押しやっていらっしゃいましたか!?もう3年も経ってしまいましたよ。浦島太郎状態。色々なイベントが待ち構えていそうですね。明後日あたりから急に寒くなりそうです。お気をつけ下さい。
    今日の昼間は日差しが夏状態。今年12月で閉園のかしいかえん遊園地へ行って来ましたが、帰宅後の部屋は夏状態でクーラーを付けましたくらいです。天気予報見て寒さ対策しないといけませんね。

    1. いたずらリスさん,はい,とりあえずただいまです。まだ福岡までの道のりは長いのですが。ほんとに浦島太郎状態です。セブンイレブンの支払い,なんじゃこりゃ~になりましたもん。昨日はずっと空港内だったのですが,かなり汗かきました。歩いてるのと暑いのと。マスクしてたせいもあるかも。今日は快適でしたね。ホテルの窓あけてると心地よい風が入ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください