戻ってこいよと

町中のベンチに落とし物。今の若者はもうこれが何か知らない人もいるかと思います。中に何か秘密のメッセージが入ってるのかもしれませんが,そもそも再生デッキすらないカセットテープ。

さて在宅ワークもすでに1年半が経過しております。僕は週に2,3日は出勤するようにしているのですが,これ幸い(?)に自宅引き篭もりをenjoyしている人も多い。でもついに上の方から「出勤して」の連絡。

もちろん感染リスク云々でまだ出てきたくない人もいるでしょうが,いつかは元に戻さないとです。

11月から最低週に2日は出勤するようにというお達し。僕はすでにそのペースなので既にmission completed 。何も変化はありませんので,このテープは自動的に消滅する。ちゅどーーん。

10 thoughts on “戻ってこいよと”

  1. これはあれですね、古い車のテープデッキに差し込んでスマホからのデジタル信号をカーステレオで鳴らすためのコンバータ。ここのところ訳あって前世紀に録音したテープを聴いていますが、クロムテープにドルビーCで録音したものをノーマルポジション、ドルビオフで聞くしかないので音そのものは無茶無茶になってます。それよりもデジタルに慣れた耳にはワウフラが耐えられません。ま、そりゃA田M子さんとか、音程ずれっぱなしの歌手はいましたけどね、赤いF船がデビュー曲だったかな。

    1. missssyさん,ありましたねえ,カセットの形したやつ。でもテープ付いた車ってどんだけ古いんですか。Dolbyは高音を強めに録音して再生時に押さえてノイズ減らすんでしたっけね。テープ独特のアナログ感というのかピッチのずれは,今のデジタル時代には耐えられないでしょうね。そういうのが暖かみがあっていいなんて言う人もおりますが。

  2. 再生手段が失われた記録メディアって、ほとんどロゼッタストーンですね。とっておけば考古学的価値が上がることでしょう。

    現代のMission Impossibleでは、添付ファイルが自動消滅したりするんでしょうか。たんなるウィルスですかね。

    1. Hiroさん,昔の学会発表で使ったのか,スライドってやつを見つけたんですが,あれを投影する術がありません。スマホのライトで透かしたらちょっとだけ。現代のMIではメッセージがTor経由らしいです。

      1. 実家で片付けをしていたら、まあカセットテープとベータのビデオは想定内でしたが、8ミリ映画とオープンリールが大量に出てきました。ベータのデッキがあるのはわかっていましたが、8ミリの映写機もオープンリールのテープレコーダーも出てきました。そして動くんですな。50年前の自分の声と再会しました。次に帰国したらこいつらをデジタル化しないとなりません。えっと、スライドをデジタル化するスキャナはあるんですが、スカジーですね、コネクタが。新しい方が互換性がないという不条理です。

        1. missssyさん,まだ動く8ミリにオープンリールですか。そりゃもうオークションに出したら結構なお値段で引取あるかも。僕も古いHi8のテープの一部はMP4化しましたが,全部ではありません。もういいやって気になってしまいます。SCSIからUSBへの変換アダプタってあったような。

  3. カセットデッキと替えのカセットテープ持参で
    このベンチで懐かしのひと時を過ごされた方が
    いたのかしら。テープを入れ替えて、そのまま
    持ち帰るのを忘れてしまったのかもしれません。
    貴重なテープでしょうに。
    思い出して取りに戻ってきて。

    1. ポージィさん,今の時代にカセットデッキを持ち歩いてたらすごく目立つでしょうね。ラベルに何か書いてあったので,持ち主が分かるならと見てたのですが,ちょっと手がかりになりそうじゃなかったです。誰も持っていかないでしょうから,気づいて取りに戻られたかも。

  4. 我ながらショックだったこと2つ!です。
    一つはカセットテープを見た瞬間になぜか、
    「爪を取ってあるかしら」と思ったこと。
    それとさいごの、
    「このテープは・・・」を知っていたこと。
    あ~もうこんな記憶は自動消滅していいです。

    1. Chieさん,爪折り!間違って上書き録音禁止するやつですね。使ったことあったっけな。あのカセットテープ+αサイズのウォークマンを通外時に愛用しておりました。自爆テープはたしかもっとでかいやつだったような。

コメントは停止中です。