急がば回れの大回り

まだ在宅ワークが多いせいか,職場付近は工事中だらけ。人が少ないうちにあれこれやっておこうという算段なのかもしれませんが,おかげであちこち通行止めなのが困りものです。

普通なら車で10分もかからない距離が,工事中迂回のせいで通勤時間がその倍。おまけに多くの車が迂回道路へ流れてくるので,朝夕の渋滞。

昨日夕方,帰宅しようと車に乗り込んだら,案の定,先の信号機で渋滞しています。そこを右に曲がる車の列に業を煮やし,よっしゃ左へ行ってやれ。

逆方向ですが,ちょっと離れた別の町へと繋がっています。一旦そこまで車を走らせ,そこから大回りで戻ってくればいい。距離は長いものの,渋滞にイライラするよりマシとの判断は正しく,難なくその町に到着。ここからLos Alamosへは一本道。

そして絶望しました。その一本道にぎっしりと車。何のことはない,僕と同じこと考えた人が大挙してこちらへ回り,そこで渋滞してるんだから世話ないです。結局帰宅するのに1時間ちかくかかりました。

4 thoughts on “急がば回れの大回り”

  1. こちらもやたらと工事中です。
    タクシーの運転手さんが迂回しますがよろしいですか?
    「よろしくない」けど「はい」と言います。プロじゃないし私。
    案の定そこには同じ思いの車が・・・
    電車のほうが早いのは知ってるんだけど密だしね。

    1. Chieさん,タクシーの運転手さんなら渋滞回避のプロっぽいんですが,最近はそうでもないんですかね。そういえば東京でタクシー使ったとき,すぐにナビ使う運転手さん,何人かいました。まあ電車は密ですから。

  2. 人間、考えることはたいてい似通っている、ということ
    なのですね。それにしても6倍もかかっってしまったとは。
    こんなことなら、右折車で起きてる渋滞我慢の方がマシ
    だったかな。
    右折車渋滞って、時折りサーッとはけることもありますし。
    でもやっぱり「運」かなぁ。うちはついてないことの方が
    多いです。

    1. ポージィさん,きっと最初の渋滞を我慢したほうがずっと早かったんでしょうね。どっち行ったほうが早いのか,運とタイミング次第なのかもしれません。確実なのは5時帰宅を避けることですかね。3時に帰っちゃおうかな。

コメントは停止中です。