叩いても増えないポケット

ずっと以前のこと。仕事に使うコンピュータのカードみたいなのを失くしてしまったことがあります。パソコンでしか使わないので,机の上に置いていたのに,何故か見当たりません。机の下にも落ちていない。

悪用される可能性は低いものの,それが無いと仕事にならないので再発行してもらったその直後,なんとパソコン画面の真ん前にありました。

こんな分かりやすい場所だから逆に見逃してたか,とずっと思ってたのですが,おそらくあれは廊下にでも落ちていたのを拾ってくれた人が僕の机に戻してくれたんでしょうねえ。。。と思いたい。

さて同じものを失くしたと同僚がパニックになっていました。落としたかもしれないと,廊下を探して回っています。

「もう一回落ち着いて全部のポケットを探してみろ」

無いよとか言いながら前ポケットのあれこれを全部出し,お尻のぽっけを叩いたら,

あれ?

ほーらあった。無意識に普段使わないポケットに入れてしまっただけらしい。そそっかしい。

6 thoughts on “叩いても増えないポケット”

  1. スカートのポケットにビスケット入れて、たたいて母に怒られましたね〜(笑)。だってねぇ、あんな歌があるから。

  2. 叩いたら二つに割れて数は増えるんです。質量保存の法則にはしたがっています。えっと、叩いたエネルギーはどこへ行ったのでしょうかね。。。

    1. missssyさん,叩いたエネルギーは熱に変わります。2つに割れたビスケットをよく観察してみてください。分子が振動しているのが見えるでしょう。

  3. ポケットを叩いたらあれっ!?のご友人、
    捜しものあるあるですねぇ。
    無意識のうちにいつもと違う場所にしまっちゃって、
    無い ナイ 無い ~!って焦りまくる姿、
    うちでも時々目撃しております。
    でも、どうして無意識の時、いつもと違う場所に
    しまってしまうということが起きるんでしょう?
    ココにしまう、と決めて毎度同じ動作をしているはずなのに。

    1. ポージィさん,ここにしまうと決めていても,なぜか失くなったときに限って別のところなんですよ。僕も免許証は胸ポケットと決めているのに,なぜか失くなったときに限って車の中に。でもまだ冷蔵庫に入ってたなんてことはないので安心しています。

コメントは停止中です。