予算申請兵どもが夢の跡

年始めに「新しい予算枠がくるぞ〜!」と皆で盛り上がり,3月の予算申請締め切り間際には,あっちの大学にはン百万円だ,そっちの研究所にはン千万円だと取らぬ狸の皮算用でさらに超盛り上がり。

でも申請が終われば祭りも終わり。結果を指を咥えて待つばかりです。夏には結果が出ると聞いていたのですが,待てど暮らせど海路の日和なし。

10月から始まる次年度には間に合わないなと諦めかけていた先週,Californiaの共同研究者から「なんかお金が来るっぽいんだけど」という連絡。でも僕のほうには何の連絡もありません。

単なる噂話レベルなのか,はたまた火があるところに煙が立ったのか。今週に入って痺れを切らし,担当者に「なんか聞いてない?」と問い合わせ。そしたら「お金,入ってるよ」

正式な採択通知なんて無いんだ。あれだけ盛り上がった予算申請,それがなんともまあ地味な結末となりました。ま,でも通ったからいいや。

6 thoughts on “予算申請兵どもが夢の跡”

  1. とらぬ狸の皮算用って言葉が出てきました。
    獺祭って単語も出てきました。

    それにしても担当者さんは入金のお知らせを何故しないのかな。
    盛り上がる割には皆さんクールだし。

    して、そのお金、コロナで出張できないんだから余りますよね。
    翌年に上乗せできたら豪遊豪遊だわ~!

    1. Chieさん,担当者さん,多分僕の方にも直接連絡あったと思ってたんでしょうね。それにしても地味な結果となりました。まだ出張はできないんですが,実は出張ってそんなにお金はかからないんです。どうせ出張中の給与は同じだし。

  2. とれてよかったですね。確かに大騒ぎして申請書を送った後はどうでもいい、って感じになる事はありますが、オリンピックと違って参加するだけでは意味がありませんし。ここのところ研究費が少ないので、旅費は自腹で出す事にしました。というわけで、今回の日本行きはビジネスクラスと相成りました。

    1. missssyさん,ありがとうございます。で,ビジネスクラスを自腹ですか!? それはなんとも太っ腹。でも到着後の疲れ具合がまるで違いますもんね。それにしてもいつになったら帰国できることやらです。

      1. 今ならビジネスは半額以下でお得ですよ。とにかくメインキャビンが全部売り切れで、その上のグレードとの差があまりなかったので、ということでそこまで太っ腹なわけではありません。デルタのビジネスは座席がフラットになった後に数センチ沈み込むのでこれがまたプライベート感を上げて安眠できますね。ところで、来週から日本での隔離期間が10日に短縮されるそうです。もうすこし緩和して欲しいところではありますが、希望が見えてきたかな。地方在住の人は空港からの交通手段も気になるところでしょうし。

        1. missssyさん,以前,エコノミーちょい上クラスのがエコノミーよりやすかったことがあって迷わずそっちにしましたが,ビジネスが半額ですか。3日の強制隔離はなくなるっぽいですが,それでも結局どっかに滞在しないといけないんですよね。福岡まで通して飛べないのであまり緩和の実感ないです。

コメントは停止中です。