夢のまた夢

意味深もしくはロマンチックなタイトルですが,内容は文字通りの話。普段からかなり鮮明な夢は見るのですが,朝のトイレで忘却の彼方となります。それが今朝のはあまりに変で,ずっと覚えておりました。

マンハッタンのその先,アメリカ再東端部にある岬にある建物が,なぜかイタリア領。その四角いビルのがらんとした四角い部屋を歩きつつ,どうしてここイタリアなんだろうと考えてる夢です。

それ自体意味ないし,特にこの内容を誘起しそうな話題も思いつかないのですが,不思議なのはその時に考えていたこと。そういえばこの岬,マンハッタンを迂回する道の先にあるって夢を前に見た。

夢の中で,前に見た夢を思い出すという,映画Inceptionみたいなややこしい状況。その以前の夢もしっかりと思い出しました。多分一年以上前に見た夢だと思うのですが,記憶の片隅にこびりついてたんですねえ。そのうち実際の記憶なのか夢なのか,区別できなくなり,意味不明なことを言い出しそうです。

6 thoughts on “夢のまた夢”

  1. 夢の続きはたまーに見ますけど、
    夢を見たことを夢で思い出したことは無いないです。
    マトリューシカみたく夢がいれこになってるんですね。
    この次も、そう言えば!ってなるんでしょうか?

    なんかこの写真。時空のゆがみがありません?
    気のせいかしら?

    1. Chieさん,こういう地形を鞍部と呼びます。一番高くなってるところが谷底というひねくれた形状で,まさに歪んでおります。こういう変な夢をみると,光景がやたら鮮明に記憶されてしまいます。いまでもイタリア領ビルの中を思い出しますが,あれはいったい何の記憶だったのやら。

  2. アメリカの最東端はメイン州にある目の前がカナダの岬で、そこにあるのは四角くない灯台のようです。マンハッタンから東に伸びるロングアイランドの先端にあるのも灯台でこちらは八角です。深海魚ではありません。ちなみに日本の最東端と最南端は東京都です。時空はゆがんでません。

    1. missssyさん,きっとロングアイランドの先に目には見えない虚空間の半島が続いているのです。そのはるか先端にイタリアがあるのです。でも国境パスポートコントロールはありませんでした。

  3. 今回見られた夢自体もややこしい感がありますが、
    その夢の中で以前見た夢を鮮明に思い出すって、
    そんなことあるんですね。
    夢を見るのはレム睡眠中で、体は眠っているけれど脳は
    働いているといいますが、スーパーコンピュータ並みに
    働いていそう。

    1. ポージィさん,夢のなかで「あ,これ前に夢に見たやつやん」って気づくのも相当変だと思います。夢の光景が記憶のどこかにこびりついていくんでしょうね。そういう無駄なものに脳細胞を使いたくないんですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください