Bear Festivalで貰ったクマ避け鈴

先週Los Alamos Nature Centerで熊にちなんだ催し物があり,お土産がもらえるとかで行ってきました。BearだからBeerも出るというのに釣られたというのはさておき。

Bear Festivalと名はついているものの,そこは小さな町。野生動物の生態の展示が幾つか出ている程度です。それなりに興味深い展示ではありました。

お土産はスポンサー銀行の名前が入った小さなクマさんと,熊よけ鈴。鈴は早速ハイキング時のリュックへ取り付けました。せこいながらAmazonで定価を調べたら$7ほどします。クマのヌイグルミもそれくらいはしそうです。なんとも太っ腹。

その鈴の商品紹介でのQ&Aにあったやり取りがちょっと可笑しい。

「もしクマに襲われたらお金返してくれる?」

「まずはクマにインタビューし,どうして攻撃したのかその動機を確認のうえ,払い戻しするかどうかを決定いたします。あなた自身が手続きできない場合に備え,遺族の方が領収書の場所を分かるようにしておいてください」

8 thoughts on “Bear Festivalで貰ったクマ避け鈴”

  1. かわし方がアメリカっぽいですね。
    もっともお金返してくれる?も日本人は言わないでしょうけど。

    それはそうとリスさんの毛並み模様にぞわっとしたんだけど、
    冬はこのブツブツ柄じゃないですよね。

    1. Chieさん,典型的なアメリカンユーモアで返してますね。返金しろ,な質問もアメリカンです。このリスさんが冬もこの柄かどうか,それはちと分かりません。なんせ連中,冬眠してますので。

  2. 先日の登山に持っていかれたクマよけ鈴がこれですか?
    小さなクマさんと鈴、結構良いものプレゼントしてくれるんですね。
    リスさんは、お庭にどろぼうに来るのと同じ種類でしょうか。
    このリスさん、食べながら放心してるような表情に見えます。
    よほどお腹空いていたんでしょか。

    1. ポージィさん,これがクマ避け鈴です。愛用しております,というか必需品になっております。どんだけ効果あるのかはまだ不明ですが,払い戻しにはいたっておりません。あ,お金払ってないや。このリスはうちの庭に来て鳥の餌を横取りしてるのと同じ種類のジリスです。地面に穴掘って住んでおります。ロッキーチャックのプレーリードッグとかと同じですね。

  3. その銀行でくま用生命保険とかやってたら面白いですね。Q&Aでどういう状況で保険金がおりますか、という質問に同じ答えが載ってたりして。

    1. missssyさん,クマ保険,ほんとにあるかも。マウンテンライオンもおりまっせ。鈴つけずに歩いてたら保険金おりません。

  4. あ、これ、リスなんだ。
    何かな〜?と思ってしまいました。

    1. Sanaeさん,お金盗むには手が短いのでスリではありません。美人ではないのでミスではありません。座れないので椅子ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください