打った〜っおおき〜い

スポーツ観戦の趣味は無いので現在進行形のスポーツの祭典も見てないのですが,というか見る術がないのですが,野球だったら数度観戦に出かけました。

もちろんダイエーホークスです。人から誘われてのこと。とは言え野球に興味あるでもなく,まああれはビアガーデンの一種かなと。

そんな野球実況中継を最初に体験したのは,小学生のときに自作したトランジスタラジオです。組み立てたラジオの音が鳴るのが嬉しくて聞いていたものの,興奮気味の実況について行けず,結局それっきりでした。とは言え,スポーツの進行状況を声だけで伝えるってのはすごいことだと思います。僕だったら「おーっ」とかばかり言って全く伝わらないこと請け合い。

8 thoughts on “打った〜っおおき〜い”

  1. それはあります。
    ラジオだと状況を説明しながら感情を爆発させるので、
    冷静と情熱が同時進行です。
    けれど恐ろしいことにスポーツアナを卒業しても癖だけは残ります。
    ふつうのスタジオでも興奮していないと気が済まない後遺症です。

    「希望と幸せを届けたいっ!」みたいな癖・・・
    恥かしいなーって思う私はひねくれてる?

    1. Chieさん,スポーツアナっていうカテゴリも当然あるんですね。たしかに情熱と冷静の同時進行じゃないと務まらないと思います。スポーツアナ卒業して普通のニュースアナウンサーになっちゃうと,かなり暑苦しそう。

  2. 先日久しぶりにピザ屋に飲みに行ったらサッカーの実況やってました。片方のチームは日の丸背負ってました。ラジオの実況は聞いてるだけだとなにが起こったのかさっぱりわかりません。受け手も特別な訓練が要りますね。

    1. missssyさん,受け手も想像力が必要ですね。昭和初期の人々はそういうのに鍛えられていたのでしょう。ラジオドラマなんてのもありましたし。今でもあるのかも。ところでピザ屋というのは飲みにいくような場所なんでしょうか。

  3. 自分で組み立てたラジオがちゃんと鳴って、
    野球中継だって聞けるとなったら、そりゃもう嬉しいですよね。
    けれど確かに、スポーツ中継を言葉だけで伝えるというのは、
    伝える側も聴いて場面を思い浮かべる側も、ある程度熟練の技を
    必要としそうですねぇ。
    私は、普段はスポーツ中継を観ることはほとんどないのに、
    現在進行形のスポーツの祭典はなぜかやたらと観たくなります。
    なんででしょ。

    1. ポージィさん,現在進行形のスポーツ祭典は数々の困難を乗り越えておりますので,やはり記録に残る会だと思いますよ。こういってはなんですが,これが日本だったからこそやれたんだと思います。スポーツ中継じゃないんですが,競馬中継をちょっと時間ずらして店の中で賭け事をやるっている映画を思い出しました。スティングってやつです。

  4. 私も自分からは、まあ、見なくてもいいというタイプですが、夫が見るので一緒になって見てしまうという感じ。見ればそれなりに面白いです。昨夜はバレーボールとサッカーとカヌーと体操を見ました(笑)。自分としては、この中なら、サッカーが1番面白いかな。カヌーも初めて見たので面白かったです。

    野球は、ソフトバンクはしょっちゅう見てます、夫が。球場は、社会人野球のを以前は何回か観に行きました。応援する対象がはっきしていると、勝負モノ観戦は単純に面白いです(笑)。

    ラジオというか声だけの実況は、モータースポーツの写真を撮りに行ってた時は、サーキットで音声を聞きながら見るのは面白かったです。自分達のいる場所からは見えない位置のコース上で何が起こったか、それを聞いていると分かるので。音声ナシだと、目の前を通過していくクルマしか見えず、そこで何も起こらなければ、それはあんまり面白くない(笑)。

    1. Sanaeさん,そうなんです,試合となるとまず自分が応援する側があって,それが試合を盛り上げるんです。でも僕はダイエーホークスにさほど思い入れもなかったんですよねえ。あ,ソフトバンクか。以前モナコでF1のコースを歩いてみたことがありますが,こんなヘアピン運転してるんかって驚きました。

コメントは停止中です。