方向違いの夕焼け

西の山が夕焼け小焼け,今日もカラスがかあかあかあ。

と言いたいところですが,何故かこれ,東の山。Santa Feの山々に夕日があたり,それを西側から見てるというもの。なんだか変な朝焼けのような夕焼けです。

普段,雲ひとつ無いNew Mexicoの空にはあまり夕焼けが見えないのですが,夏は午後から雨が降ることがよくあり,最近ちらほらと焼けてます。とは言え,お日様も出ないほどの厚い雲だと,これまたつまらない。

昨晩は独立記念日。昨年に引き続き花火は中止です。コロナのせいというよりは,乾燥が続いて山火事の危険のせいらしい。この一週間の雨が予想できたら,もしかしたら花火中止にならなかったかもしれません。

でも独立記念日に花火無しは耐えきれない人もおられ,夜になるとちらほらとあちこちからポンポン花火が上がります。個人で買ってくるにしては大きなものもあり,いったいどこで買ってくるのやらです。

花火がぽんと鳴ると,その家に向かって警察が走っていくのがいつもの光景,いや音景。でも昨日は山火事の危険度が下がっていたせいか,多目にみられてたようです。

6 thoughts on “方向違いの夕焼け”

  1. 大したやつじゃないけど、
    子供の頃に庭で花火をした最後の世代だとおもいます。
    火遊びの出来ない子供たちが少しかわいそうな気がする。

    夕焼けを東と西に合わせ鏡のように見れるって、
    これはちょっと自慢していいんじゃないでしょうか。

    1. Chieさん,線香花火をしみじみ楽しむ夏が懐かしいです。去年帰国したとき家の中で普通の花火を見つけ,キッチンで使ってみたら大変なことになりました。線香花火なら大丈夫だったかも。東の空の夕焼けってほんと変ですよね。時々こういうふうになるのですが,こっちは東だと説明しないといけないのが辛いところ。

  2. 東を向いて撮られた夕焼けってことですね。
    振り返ればもちろん西の空も夕焼け。
    南を向けば東西両側を夕焼けに挟まれて
    なんか、わけもなく幸せな気持ちになれそうです。

    1. ポージィさん,のんびり空を眺めるのっていいですよね。夕焼けだったり雲だったり。夕方,刻一刻変化していく空をウッドデッキから眺めてる時間が好きです。

  3. 連星系の惑星ならこういう風景はあるのでしょうかね。もっとも二つの恒星が視角で180度離れることはないでしょうけれど。ガミラスならイスカンダルの反射でこうなることはあるのかな、まあ、あっちの人の住んでいるのは地下だからどうでもいいのかもだけど。

    1. missssyさん,タトウィーンでは2つ同時に夕日が落ちていきますが,ガミラスとイスカンダルには夕日あるんですかね。コスモクリーナーほしいです。

コメントは停止中です。