パソコン内部で増殖しているもの

そう言えばあんな図を昔作ったはず,こんな文章を書いたはず,その記憶はあっても,はてどこだったっけと悩むことが増えてショックです。言い訳がましくはありますが,最大の理由はパソコンのディスク容量が飛躍的増大したこと。

昔だったら,一つなにか用意したらその場所は固定して,何度も再利用していました。でも今じゃ容量不足を気にする必要もなく,あちこちにコピー(ゴミ)が散乱する有様。どれも微妙に違ったりするので,本当に必要なものが見つかりません。挙句の果て,微妙に違う奴をその場しのぎで修正し,ゴミ増殖の元凶となっております。

もっともパソコンの方も進化しており,文字データであれば全ファイル検索でなんとか目的のものに辿り着けます。でも写真だとそうはいかない。古い写真を探すとなると,フォルダ片っ端から開いていく虱潰し作戦となります。

試しに写真ファイルがどれだけあるのか計算してみたら,合計なんと130GB。一枚平均2MBくらいだとして5万枚以上。まさかそんなにはねぇよと計算を疑ったものの,何処か海外出張でもあれば簡単に100枚くらいの無駄写真を撮ってしまうので,そりゃ数万も無理はない。

いつの日か再び全ての写真を眺めてみることがあるかもしれません。一枚あたり1秒で見たとして,5万枚見るには14時間かかる計算です。ニーベルングの指環をBGMに,ひたすらスライドショーやってみますかね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

8 thoughts on “パソコン内部で増殖しているもの”

  1. いつの日か、ですね。
    今が忙しいと保存した写真見ませんよね。

    スマホが「同じような写真が沢山あります」と言ってきます。
    LiLAさんほどは無いけどそりゃ猫や花なんてそう見えます。
    母が写真嫌いな私に年取ったらああ残念と思うわよ。
    と言ってました。
    ああ残念実感中。

    1. Chieさん,いつの日か,ですね。いま見返しても,ふーん,こんなんあったなあ,程度かと。スマホは手軽に撮影できる反面,似たような写真だらけになりますね。僕はそういうのは極力削除するようにしてますが,それでなんだかんだと増えていきます。雲とか,なんでこんなの撮ったんだろってのがいっぱい。

  2. 私もときどき画像ファイルの手動検索する羽目になります。むちゃアナログな作業ですよね。文字データでも、昔の論文でOCR化されていないスキャンPDFとかだと、もどかしいです。ちなみについ数日前、わけあって微分散乱断面積の調べ物をしていたら、ネットでLiLAさんの古い日本語文献が出てきました。

    1. Hiroさん,サムネールだけじゃすぐにわからないので,これなってやつは結局大きくして見るんですよね。ほんとアナログです。画像になったPDFは,Google先生が文字化してくれませんか。かなり古いものでも,検索にひっかかってくれます。僕の日本語文献ってなんだろうと探してみたら,なんかこんなの書きましたねえ。すでに古文書です。

  3. デジカメに移行する前に撮った写真がそのくらいありますねぇ。それをスキャンしてデジタルデータにして、というのが過去20年くらいやらずに来ていて、これから20年の間にやらないといけないことかなと思っています。その前にいいスキャナを買わなければと思っていたらどうもその前にデスクトップを新しくしないといけなさそう。と思っていたら、浄水器を変えないといけない、屋根を葺き替えないといけない、暖房装置もそろそろ寿命、と道のりはまだまだ遠そうです。

    1. missssyさん,古い写真のスキャンはさすがに一大事業になってしまいますね。フィルムスキャナがあるといいんですが。プリンタでフィルムスキャンすると,確実に埃が紛れ込んでしまいます。うちは暖房装置と車が寿命になって,ここ数ヶ月出費が嵩んでおります。

  4. ウッ PC内のゴミと化しているデータ、私の場合は
    やっぱり写真ですねぇ。ブログを始める前年辺りから
    撮り始めた写真が、取り込んだ当初はもったいなく感じられて
    全部は消せないままフォルダに入れてあるのが、いったい
    どれだけあるのやらです。たまに3~4年前のを遡って見てみる
    ことはありますが、大多数は取り込んだ切り眠ったまま。
    自分でも見ていない上、私の撮った写真など他の人には
    どうでも良いものなのに、バッサリ消去がなかなかできません。

    1. ポージィさん,写真はたまりますよ。なんとなく消すのももったいなくて,増殖の一方です。あまりに多くなると,取捨選択するのすら億劫ですもんね。このまま残しといて不便ないなら,そのままになってしまいます。そしてパソコンの容量が足りなくなってくるわけです。解決策は,もちろん新しいパソコンを買う,です。

コメントは停止中です。