実物は電子メールでは送れません

日本のクレジットカード会社から「新しいカードを送付しました」というメール連絡がきて,有効期限が今月までだったことを思い出しました。さほど頻繁に使わない日本のカードですが,無いとちょっと不便。以前だと実家に送られてきたものを,帰国ついでに回収していたのですが,それができません。

近くに住む従姉妹に,こちらに送ってもらうように頼みました。普通の国際郵便です。まあ大したことは無いだろうと思ってたら,彼女からの返事は,

「了解 … でも生まれて一度もエアーメール出したことない」

え?って思ったものの,国際郵便を出したことが無い人のほうが多いでしょうね。普通は必要ないし。

生まれて初めて海外に郵便出したのは,いつのことだったか。多分,中学生のときに短波ラジオで「聞こえたよ〜」をアジアのどっかに送ったのが最初かも。

大学院生になってからは,年に数度は国際郵便の世話になりました。メールが一般的になったのは学生途中ですが,まだ文書は送れなかったので,印刷してサインして返送。悠長な時代でしたが,クレジットカード本体は,今もメールでは送れないようです。

4 thoughts on “実物は電子メールでは送れません”

  1. 従姉妹さんにクレジットカードを普通郵便で送ってもらうのは危険かもですね。
    国際郵便にも書留のようなものがないかしら?

    そうだ!どらえもんを呼ぼう!
    ウルトラマンが来ちゃったりして(笑)

    1. Chieさん,FedExにすればよかったかなとは思ったんですが,そこまで言うのも手間かなあと普通のにしておきました。ま,大丈夫でしょう。ドラえもんは呼ばなくていいから,どこでもドアだけ貸してください。

  2. クレジットカード、あら、これは困りましたね。
    日本で郵送されてくるときも簡易書留でしたっけ、
    ハンコ捺して受け取るタイプです。
    国際書留郵便で送るにしても、なんだかちょっと心配。
    安全で良い方法があるといいのですが。
    無事届きますように。

    1. ポージィさん,書留だったようです。国際郵便の場合,日本国内部分は信頼できるのですが,こっちに来てからが信用できないんですよね。普通は届きますが,届かないことも無いとは言えないので。

コメントは停止中です。