日本では見かけないQuad Chart

日本どころか,アメリカ以外では見たこともない,Quad Chartと呼ばれるものがあります。新しいアイデアやプランを一枚のスライドに押し込んで,ざっと見渡せるようにしたもの,という感じのもの。適当な和訳は見当たりません。

画面を4分割し,それぞれに例えば目的,手法,利点,プラン,みたいなのを配置します。これをどーんと出せば,それで全部分かるという代物。ポスターの固定形式版か。

いや,分かんないから。それだけのものを1ページに詰め込んだら,そりゃそれぞれのマスは小さくなっちゃいます。要するに4ページ分の情報量を一枚にまとめて印刷するっていう紙代節約モード。

アメリカの商務省下のNOAA (National Oceanic and Atmospheric Administration),海洋大気庁で始まったようなことがWikipediaに書かれています。当然予算絡みの話。コンセプトを一枚にまとめ,他人との情報密度の差が出ないように,この形式を押し付けてるのかもしれません。

こちらではそれなりにポピュラーなもののようで,プレゼンソフトのテンプレートに,バラエティに富んだQuad Chartというのがちゃんとあります。とは言え,普通はあちらが押し付けてきたテンプレートに書き込むのが普通。しかもそういうのは得てして省庁のロゴがでかでかと入っていて,文字を書く部分が狭い。このロゴ,消したろかなって思います。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

4 thoughts on “日本では見かけないQuad Chart”

  1. スポンサーのロゴを目立たせてこそ、ゴマすりの極意。それ消したら、お金もらえませんよ。

  2. くあっどは仕事ではほとんど使いませんが、高校とかに行くとたまに見かけますね。ポスターサイズなので、一マスがすごく大きいですけど。パワポのプレゼンで一枚一枚にロゴが入っているのはそれなりに見かけますが、それが毎回アニメーションで飛んでくるというのがあって、あれはとてもうざかったです。

    1. missssyさん,ポスターサイズならまあ実用的かもしれません。パワポサイズであれじゃ,各マスを拡大しないと見えませんもん。プレゼンでアニメーションを多用するのは,ちょっと耐えられません。質問で,ちょっと前のページに戻ってって言うと,巻き戻しのようにアニメーションが元に戻っていきますもん。

コメントは停止中です。