最近買った前世紀のCD

立て続けにAmazonでCDを注文しておりました。しかも20世紀に少々偏ったチョイス。

まずはソ連からS. Prokofievの交響曲とピアノ協奏曲全集。交響曲のほうは3番以外は別のCDもあるのですが,たまには違った演奏も聴きたい。それと7番の終わりの部分が二通りあり,こちらは長いバージョン。これも聴いてみたかったのですが,う〜ん,やっぱり短い版のほうが好きかも。

中段はフランス物。C. Franckの弦楽四重奏とピアノ五重奏。それにG. Faureのピアノ四重奏曲と五重奏曲。19世紀終わりから20世紀最初の頃の音楽です。フランクの方は初めて聴きますが,フォーレはCD時代以前によく聴いていました。

そして右はFranz Schmidtの交響曲全集。こちらもほぼ20世紀初頭にウィーンで活躍した作曲家。シュミットという作曲家はもう一人,Florent Schmittがおり,ファーストネームのイニシャルまで同じなので,フランツ・シュミット,フローラン・シュミット,とフルネームで区別するのが日本の慣例。

思えば,クラシック音楽を聞き始めたのは,こういう19世紀末から20世紀の音楽から。R. Strauss, Debussy, Prokoviev, Stravinsky, Bartok, Mahler, そういうドンパチ派手な人々。ドビュッシーは派手じゃないけど,新しもの好きだったんですかねえ。

10 thoughts on “最近買った前世紀のCD”

  1. 私も今日、Franckさんの交響的変奏曲というのを聞きました。曲名が面白いと思いました。好きなピアニストさんが弾いていたのですが、その後アンコールで演ったシュトラウスの「こうもり」がめちゃよかった〜!

    あとは、プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番は大好き。あまりクラシック知らない頃からこれは好きで、アルゲリッチさん演奏のこれを小さい音でかけながら眠る…というマイブームが20代の頃にありました。

    あ〜、今から聞こうっと!(ほかのは今もよく知らない・笑)

    1. Sanaeさん,プロコフィエフの3番は,三楽章で日本の旋律が出てきますね。実際に日本滞在で聞いたらしいです。でもあの曲,かなり五月蝿くないですか。あれ聞きながら眠れるかなあ。

      1. うなされてました(笑)。

        その曲の前後が静かな曲のラインナップだったんです。プロコフィエフじゃない。

  2. プロコフィエフの交響曲、3番以外はすでにお持ちなんですね。3番ってあまり注目されない曲ですけど、毒々しくて好きです。すごくプロコフィエフらしい美しい瞬間もあるし。

    1. Hiroさん,3番はCD以前の前世紀時代の録音技術で持ってましたけど,あまり聴くことはなかったです。交響曲というよりは,やっぱりどこか劇音楽的で。6番が好きなんですよね。あの終楽章のパッパラパー感とか。

  3. プロコフィエフのピアノ協奏曲第2番のあと同じくロメジュリ(好きなんです)を聴いたらさすがに疲れて、
    安らぐシルヴェストロフの「The Messenger」のCDに入っていたモーツァルトでやすらぎました。
    フランツ・シュミットさんはドンパチ系ですか?
    指揮はパーヴォヤルヴィさんですね。

    1. Chieさん,ロメジュリは分かりやすく書かれた曲ですが,やっぱどっか重量級の鋼鉄ですもんね。フランツ・シュミットは,ドンパチやってれば当時もっと受けたと思うんですが,超折衷音楽で,ブルックナー風でもあり,リヒャルト・シュトラウス風でもあり,どこかブラームス風でもあり。まあ正統なドイツ音楽です。指揮はヤルヴィ親子が入っております。

  4. ヤルヴィ親子大活躍ですね。二人のシュミットさん、ついこの間まで、同じ人のフランス語読みとドイツ語読みかと思ってました。Faureのアルバム写真は大好きなロマネスク、南仏Vaucluseのセナンク修道院 〜〜〜生きてるうち、も一度行きたい!されどもうあまりに遠しコロナの世。

    1. Gonnekoさん,フランツ・シュミットの交響曲ってそんなに悪くはないんですが,やっぱなんか中途半端感があります。真面目な人だったんだろうなと想像します。
      このジャケットの写真で場所がおわかりなるとはさすがです。こういうシンプルなロマネスク様式の教会,中に入ってみるととても静かな気持ちにさせてくれますね。フォーレの室内楽って,唐突に聞きたくなるんですが,こういう教会の中での演奏を聴いてみたいものです。

コメントは停止中です。