無言タイムは辛い

引き篭もったままの生活が続きます。出張ネタも無ければ,休暇ネタもなし。日々の些細な出来事と言えば,オンライン会議のみですが,今日もそんな話。

全く面識の無いグループから会議へ呼ばれました。一面識もない人々から,馴れ馴れしくファーストネームで呼ばれるのはまだちょっと違和感あるとは言え,困るのが冗談レベル。果たして冗談言っても良い空気なのか。

さらりと軽くなんか言ったら,

し〜〜〜〜ん

無言タイム,おそらくは10秒くらいなもんですが,未来永劫に感じます。どうやら超真面目な会議だったらしい。皆,ビデオをオフにして声だけなので,相手の反応が見えないのも辛い。

その後も,議論が滞ると無言タイムが繰り返されたのですが,正直こういうのはキツいです。はよ終わらんかな,そればかり考えながら時計を見つめる1時間でした。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

8 thoughts on “無言タイムは辛い”

  1. 無言で10秒は長いですよね。聴く方は大抵マイクがオフなんで、ウケてても気付かないかも。「笑ってる?マイク、オフじゃない?」とあえて突っ込んでみてはどうでしょう。それでさらに10秒沈黙が続くと、二度と立ち直れないかも知れませんけど。

    1. Hiroさん,それいいですね。やってみようと思います。でも会議参加者にMikeがいたら困ります。マイク,おちた? とか。

  2. LiLA管理人さんは初めて参加されたその会議。
    常連の皆さんにとって、10秒程度の無言タイムは
    常のことなのかもしれませんね。その無言の間、
    皆さんそれぞれ thinking time 。
    でもでも、冗談に対しての無言10秒は辛いですね。
    お写真の実のような棘がチクチクと苛みます。
    それにしてもホント痛そうな実ですね!

    1. ポージィさん,あっちのグループでは沈黙もまた会議のスパイスなんですかね。考え中ならいいんですが,適当に裏でお茶してたりして。
      この実,なんでしょうね。刈り取られて捨てられていたんですが,こんなの捨ててたら,ゴミ回収の人たちがあぶないです。

  3. あはは~~
    思いっきりすべっちゃいましたね(笑)
    きっと何人かは見えない向こうでニヤリとしたんだと思うけど、
    10秒もあるなら「外した・・・」とかコソッと突っ込んでくれなきゃねぇ。

    だけど芸人だって顔も見えない見知らぬ相手にギャグ飛ばすのはかなりの覚悟だと思う。
    うふっ。

    1. Chieさん,顔さえ出ていれば,反応みえたんですけどね。沈黙は辛いです。そう言えばテレビスタジオって一般の観客入れますね。あれは「あははは」な声を収録するためだと思うので,芸人が何か言うたびに「あっはぁ〜〜〜」って甲高い笑い声アテレコしたらいいと思います。できればピンクの衣装着て。

  4. 気の利いた司会者だと、みなさん、ここでマイクをオンにして拍手しましょう、なんてやったりするんですけどね。そういう根回しもポストコロナの学会戦略として重要かも。たしかにchieさんの言われるように、ズーム会議始めてからラジオ芸人の苦労がわかるような気がします。

    1. missssyさん,そうですよ,オンライン会議でのマナー,ジョークが出たら司会者が率先して笑ってあげるくらいしてくれないと困ります。講演会で学生らから全く質問がこないのも,まあ似たような境遇でしょうか。次回学会でリベンジされるかもですけど。

コメントは停止中です。