よく見たら,もじゃ葡萄毛だった

Bourgogneの名門Lous JadotのMacon-Villages,辛口のChardonnayですが,すっきり軽い味です。

ルイ・ジャドのワインについてるこの顔,酔っぱらいの神バッカスなのかなと漠然と思ってたのですが,じっくり見てみてると...

頭が葡萄。バッカスって頭に葡萄の葉っぱの冠を乗せてるだけかと思ってたのですが,これは確実に髪の毛が葡萄化してますね。葡萄の収穫には事欠かないながらも,果たしてどうやって醸造するのか。口の中で発酵させて,ぺっと出すのか。

両方の目のちょっと変ですよね。左右別の人みたい。

合成してみましょう。まずは左の人。顔の左側だけコピーして反転し,右に貼り付け。

ちょっと危なそうな男性か。黒魔術を使いそう。

そして右側の顔

女性になった?

もしや,もとの画像はバッカスではなく,あしゅら男爵だったか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

8 thoughts on “よく見たら,もじゃ葡萄毛だった”

  1. 面白い〜(笑)!
    人間の顔もだいたい左右対称ではないですよね。絵までそうなってるとは、細かい。

    と言うよりも、それに気づいて左右コピペまでするとは…(以下、略)

    1. Sanaeさん,疑問があったら突き詰めるのです。きっとそこに真理があるのです。あしゅら男爵の真理,それはつまり。。(以下自粛)

  2. 赤ちゃんは誰でも左右対称です。
    大人になるにつれて非対称になってきます。
    眼が片方一重。歯並びが残念。鼻が少し曲ってる。などなど。

    で、左顔が生まれ持った顔。
    右顔が後天的に出来た顔でなりたい自分だそうです。
    なりたくて鼻が曲げられるのか?は疑問です。

    あしゅら男爵、ほんとうは女になりたかったんだ!

    1. Chieさん,僕は生まれたときから目が非対称だったそうです。なんやら大変なことになってたそうで。そのせいで,いまでも左目のほうが小さいです。つまり僕はもっと目がぱっちりになりたいわけですね。右だけでかくなっても困るんですが。で,あしゅら男爵の左右どっちだっけと検索してみましたが,右が女ですねえ。

  3. 髪の毛が葡萄になっちゃってるのは何かと支障が
    ありそうで嫌だなぁ。汁が出たら顔がべたつきそうだし
    顔がべたついたら蟻が寄ってきそうだし…
    実が全部落ちたら残った果柄がツンツン痛そうですよ。
     
    左右の顔、たしかに印象がずいぶん違いますね。
    バッカスは実は二重人格だったとか?

    1. ポージィさん,髪葡萄で一番こまるのは,散髪のときじゃないですかね。剪定バサミを用意している床屋は少なそうですし,ドライヤーあてたらしぼんじゃいます。バッカスが二重人格だったかは定かではありませんが,酔っ払ったら人格変わる人でしたらよくおられます。

  4. いや、ワインのラベルをこれだけじっくり研究するようになったら、ロックダウン病もいよいよ末期ですな… お察ししますよ

コメントは停止中です。