ちょっと無謀な選択でした

どこにも行けない日々が続くせいか,町付近のトレイルを散歩する人が増えているようです。山中の涼しい人気スポットは人も犬も多いので,正反対のLos Alamos東の端へ行ってみました。

崖の下にRio Grandeが削った広大な谷が広がります。崖の上がおそらく標高2000m弱くらい。川が1600mくらいなので,標高差400m。これを降りてみようという試み。

赤いマークがトレイルの道標です。嘗てNative Americanが川へ降りるために付けたサイン。なのでここは Red Dot Trail と呼ばれます。

巨石の真横をすり抜け,降りて行きます。下り始めたときの気温は既に33℃。ちょっとやばいかとは思ったのですが…

まだまだ途中。リオ・グランデまで思ったより距離があります。日陰はほとんど無く,岩が猛烈に熱く焼けていて,手をつけない。

サボテンもどこか元気ないほどの過酷さ。午後からもっと雲が広がってくるのを期待したのですが,今日はそれほどでもなく,ずっと直射日光です。

半分程崖を下ったところでGive Upしました。下れば下るほど,帰りの上りがきつい。それ以上に,このまま行くと熱射病か熱中症になりそうです。

クラクラしながら,降りて来た崖を再び上り,車のクーラーでようやく一息つきました。

ちなみになんでこんな過酷なルートを散歩に選んだのか。だってGoogle Mapの説明では,

子供向き

って書いてあるんだもん。絶対ムリだから。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

6 thoughts on “ちょっと無謀な選択でした”

  1. いや、ちょっとどころか無謀ですそれは。
    誰もいないし、命綱ないし、どうせ短パンTシャツ、
    怪我したら大怪我で、焼けた岩盤で石焼き人間ビビンパになる寸前。
    どうしてそんな所を散歩しようと思うんだろうか?
    ポニョのつもりなんだろうか(笑)
    Google Mapで確認しなくても見りゃわかる。
    しかしヤギはすごいなあ。

    1. Chieさん,石焼人間ビビンバ,なりそうな勢いでしたねえ。歩いてる人,だれもいないなとは思ったのですが,なるほどいないわけです。ありゃやばい。次回は冬にチャレンジします。雪で滑落かも。

  2. 400メートルの標高差はかなりごついですね。トレイルの最初の100メートルは平坦だし。ミシガン湖の砂丘も車で行くと最初は下りで、湖畔を目指して調子こいて下っていくと登って戻るのに半日かかります。先を読む力と自制心が大切です、ってさっき読んだ金持ちになる方法と同じだな。

    1. missssyさん,僕はもう金持ちになる方法を読むには先を読む時間が短すぎですが,一発当てて極楽リタイアしたいですねえ。アメリカではなんでもかんでもスケールが違うので,軽く見てると大変なことになることが多いです。ちょっと散歩のつもりが,全行程10kmだったとかざらですし。

  3. よくぞこんな所を歩こうと思われましたね~~
    も少し早めにGive Upしてほしかったですよ。
    雲が出てきたらきたで突然の雷雨になるかもしれず、
    そしたら岩の温度が下がっても、今度は滑って
    やっぱり触れず掴めず、あぁ~~~っ!!となりかねないですし。
    でもま、ご無事に帰れてなによりです。
    どうしても再チャレンジされるなら、夏でも冬でもなくて
    気候の良い時にしましょうよ。

    1. ポージィさん,逆に雷雨にでもなって涼しくなれーって思いながら歩いてました。あ,雷はいりませんね。雨だけ。落雷で丸焦げの木がちらほらと立ち枯れしてる環境ですので,自分が黒焦げになっても不思議ありません。次回は涼しくなってからです。

コメントは停止中です。