落書きの壁

近所を散歩中,不思議な円を発見。もしやこれはエイリアンの残したなにかのメッセージかも。

なんてことはなくて,この辺り一帯,なぜか大量に壁に落書き。と言うのか落彫り? ちょっと行きにくい場所にあったので今まで気づかなかったのですが,どうやら昔からの定番の壁らしい。100年近く前の年号も見かけました。本当かどうかはさておき。

フルネームを彫り込むのはさすがにやばいと思ったのか,大体がイニシャルかファーストネームです。全くばかちんはどこにでもおります。

なんか,昔の墓石のように見えなくもない。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

2 thoughts on “落書きの壁”

  1. あらまぁ こんなところに落彫り?
    世界遺産に落書きする輩もおりますからね。
    誰にも咎められないと思ってのことでしょうか。
    でも、仮にも石に彫るんですから、そのための道具を
    何かしら用意してなきゃ彫れませんよねぇ。
    3枚目の右下辺りの2つの穴も気になりまする。

    1. ポージィさん,町入り口付近の高台の壁なので,〇〇参上!みたいなノリで彫っちゃうんでしょうね。かなり昔からやられてるようです。この岩はあまり硬くないので,転がってる石でガリガリやれば刻めますよ。あの穴は人工物じゃなくて天然物だと思うのですが,もしかしたら数百年前の人達が掘ったのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください