ほうき星を探して

毎日のように午後から曇りのち雷雨となるLos Alamosの天気。Neowise彗星を見るのは半ば諦めていました。それが今日,奇跡的に快晴。やや雲が出たものの,チャンスです。日没を待って,町はずれの真っ暗な崖っぷちへと出かけました。

事前の調査で,彗星は北斗七星と地平線の真ん中辺りに見える筈です。360度ぐるりと見渡せ,街の灯りが届かないところへ移動。次第に西の残光が薄れ,満点の星空が広がり,蠍座に赤く輝くアンタレス,織姫と彦星,その間を流れる天の川もくっきりと見えています。

北斗七星の下辺りを注視。夕日の残滓の中,次第に薄く尾を引く彗星が姿を現しました。初めは,もしかしたらあれかなあという程度。でもじきに見間違えようもないほうき星が,北西の空に浮かぶのがはっきりと肉眼で見えるようになりました。さすが標高2000mの土地柄。

1997年に接近したHale-Bopp彗星以来です。あの時は明るい福岡の夜でも肉眼でくっきり見えるほどでしたが,ネオワイズはそこまで明るくはない。町中では無理でしょう。

感動を心に家に戻り,裏庭からふたたび北斗七星を探し,あの辺りに彗星があったんだなあと眺めてみると,

家からも見えるじゃん

出かける必要ありませんでした。なんと家の庭からも彗星ははっきりと見えておりました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

5 thoughts on “ほうき星を探して”

  1. 町はずれの真っ暗な崖っぷち なんて、危険を冒さなくても
    ご自宅からも見られたんですか。あら~(^^;)
    いやでもそこは、まるっと自然の中で見た!という感動の方が
    大きかったと思います。きっと。
    踏み外すとか、クマさんやコヨーテさんと遭遇するとか
    危険がいっぱいスリルいっぱいですし~ ご無事でよかったです。

    1. ポージィさん,なるほどあそこにはアルパカ座があるんですね。って星座というかなんかアングラ劇団みたいな名前ですけど。
      山の稜線が消えていくとほのかに浮かび上がってきた彗星,なかなかの光景でしたよ。実際コヨーテはいるんじゃないかと思ってたのですが,幸い出会いませんでした。クマさんは出てこないような平たいところを選んでおきました。実際,クマに襲われたニュースもありましたので。

  2. すごい見たんだ!次は6千年後ですってね。
    何秒ぐらい見えてるんですか。
    小さい月ぐらい?
    俺って持ってる男だろ!
    庭でも見たんだぜ!
    え?そんなにとどまってるもの?

    カマトトみたいだけど彗星と流れ星の違いを知りません。
    星空さえ生涯に3度ほど。
    真っ暗闇も見たことないから幽霊もないの。

    1. Chieさん,何秒って,何時間でも見えてますよ,地平線の下に沈むまでは。彗星は宇宙をゆっくりと回ってるので,地球から見ると空に止まってます。流れ星はしゅーんと光って地表に落ちてきて燃え尽きて消えてしまいます。幽霊は足がないのでそれと分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください