はしについてのはずだったのに

深夜,つまみのピーナッツを箸でつつきながら,箸について何か書こうと昨晩まで思ってたのですが,きれいさっぱり忘れてしまいました。「このはし,つかうべからず」というお触書に,じゃあ真ん中使って食べました,みたいな内容では無かったはず,多分。

「はし」って案外多くの漢字があります。端,箸,橋,嘴,觜,破斯,波斯。「愛し」とかいて「はし」と読むそうです。

逆に同じ一文字で多くの読み方があるのは,「生」という字と,昔どこかで読んだことがあります。せい,なま,しょう,き,まさ,いきる,あたりはすぐ出てくるのですが,他にも

生い立ち,生える,生意,生ゆ,生生世世,生田,生贄,往生,等など,確かに多い。前後の漢字で音便化してるように見えなくもないですが,やはり生命に関する言葉は多いのでしょう。

その正反対の漢字「死」は,音読みも訓読みも「し」。偏ってます。

「生」の反対って死なのかな。生魚の反対は焼き魚,生ビールの反対はラガービール,生演奏の反対は録音,生の反対は避○,いやいやいや。

生ビールの生が何かも知らずに,やれビールはやっぱりヱビスだよと蘊蓄を傾ける日本人,「なま」という言葉に,なにか新鮮なものをイメージするんじゃないでしょうか。ヱビスは生ビールじゃないっけ。

生肉の反対は焼き肉。焼き肉するときは,専用の箸を使うのがマナー。生箸はよくないですよ。というわけで,ようやく箸に戻ってきて,お後がよろしいようで。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

4 thoughts on “はしについてのはずだったのに”

  1. 生肉の反対は冷凍かもしれませんね。だれがどういう状況でうんちく垂れるかにもよりますが、既に死んでいるのに生とはこれいかに、とケンシロウの世界に転調してしまいます。ヱビスは前世紀末に生に切り替わったようです。恵比寿で生というと地理的に最近の某タレントのさわぎを連想します。箸といえば大和の国に箸塚という、存在が疑問視される上古の皇女が祀られているとされる古墳がありますが、このおかた、箸をある場所に突き刺して亡くなられたそうです。

    1. missssyさん,生肉の反対は冷凍,いや冷凍の反対は解凍で,あれ? ヱビスと言えばビヤガーデンですねえ。生箸使って生肉を焼いて生ビール。で,えびすの反対はすびえ,野趣あふれるジビエのBBQなんてのも乙です。こちられ穫れるのは,シカ,クマ,コヨーテ,スカンク,それにリス各種。臭いかもしれません。

  2. ピーナッツは突きさせませんから箸の先で転がしたんですね。
    食べ物で遊んじゃいけませんよ。

    生と言えば、
    生足の小娘が生意気にも生クリームなめなめ生本番に来たから生殺しにするぞと怒ったら、生キャラメルは生じゃない生麦生米生卵と言ってごらんと言われ、死んだ。
    って全然面白くないじゃないですか。

    1. Chieさん,ピーナッツは箸でつまむんですよ。ちまちま食べるので,ダイエットに最適です。生足のおっさんが毎夕方こちらを走っておりますが,ジョギング後は生ヤクルトで水分補給です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください