繰り返し聴く,繰り返し観る

普段「聞く」と「聴く」を使い分けていますが,「見る」と「観る」も使い分けます。でもBGMで流している音楽はやっぱり聞くで,聴くと書くのは演奏家と作曲者に失礼。同様にBGM動画も,仕事中にチラ見なのでやはり「見る」もしくは「見えてる」でしょうか。

YouTubeのコンサート動画を流しっぱなしにして夜間仕事をしていることが多いのですが,稀にオペラも流しています。幸いオペラはさほど興味ないので,「聞く」で十分。でも映画は無理ですね。絶対に途中から映像に集中してしまいます。

人生で一番数多く観た映画ってなんだろう。もちろん映画館で何度も観るのは稀なので,気に入った映画がまずあって,そのDVDを繰り返し観たということになります。

Best 1は間違いなくS. Kubrickの「2001年」。映画館で観た回数も第一位だと思います。これって唯一BGM動画にもなる映画かもしれません。会話ほとんど無いし。

2番目はおそらくSound of Music。何度観ても飽きません。ピアノ譜も三種類持っております。曲メドレーになったものが2つ,さらにミュージカル舞台練習用のピアノ伴奏譜。ちなみにこれらの楽譜には映画で使われなかった曲が入っておりますが,そのネタはまた次回。

3番目は多分Star Warsの一番最初のやつ(Episode IV)。でもDVDになったエディションは,あちこちCGで小細工してあって興ざめです。

その後があまりはっきりしない。DisneyのFantasiaか,The nightmare before Christmasか,Load of the Ringsか,My Fair Ladyか。可能性高いのは上野樹里主演のスウィングガールズなんですが,これはちょっと言いづらい。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

6 thoughts on “繰り返し聴く,繰り返し観る”

  1. 仕事中の音楽って選択がむずかしいです。
    嫌いじゃ邪魔だし好きな曲には引き込まれてしまう。
    映画は目と耳の同時使用ですもんね。
    口が暇だからラーメンとかいけますけど、
    鼻さんはどうしましょう?

    1. Chieさん,僕はあまり気にせずに何でも聴けますね。選ぶのが面倒なときは長い曲選びます。マーラーとかマタイ受難曲とか。鼻さんが暇だったら呼吸困難になりそうなので,多分暇にはならないと思います。

  2. 聴く・聞く 観る・見る 書くとき私も使い分けますが、
    時々、どっちかなーと迷うこともあります。
    でもね、映画など、そのときは思いっきりどっぷり観て
    いたはずなのに忘れてしまうのはなぜなんでしょ?

    1. ポージィさん,映画はその一時の体験なので,意外とすぐに忘れちゃいますね。見たことある映画なのにそれを覚えてなくて,途中から「あれ?みたっけ?」ってなることあります。

  3. 映画はあまりみないのですが(2001年も未来のためにとってあります)、一番みたのはトップガンの30回以上ですかね。翻訳の教材に使ったことがあって、英語、日本語字幕、日本語吹き替え、それぞれちょっとずつ違ったりしているのが面白いところです。太平洋を飛んでいる時もデルタの中でほぼ毎回見ていました。別にトムクルーズのファンでもなんでもありませんが。でもBGM動画には向かないでしょうね。アドレナリンぶっちぎりになりそうで。第二位は4姉妹のパンツだかなんだかそういった感じのタイトルで、オーストラリア便の中で他に選択肢もない、パソコンも電池切れという状態で行き帰り合わせて6回繰り返してみたものです。

    1. missssyさん,トップガンを30回以上ですか!? 3回くらいなら観たかもしれませんが,そこまで繰り返しはちょっと。若草物語のパンツに至っては,もう想像もできません。あ,あれは三姉妹でしたっけ。僕は機内ではあまり映画みないんです。ちょっと気分が悪くなることがあって。なのでもっぱら寝ております。

コメントは停止中です。