回転しながら飛ぶ円盤

唐突に思い出した放送部,部室というものがあったのですが,ゴミがとっ散らかった廃墟のようでした。多分普段は放送室にいたので,部室は使って無かったんでしょう。

その部屋のキャビネットのなかに,超古いレコードが放置されておりました。もちろんLPどころじゃなくて,SPです。

以前書いたような気がして過去の記事を探したのですが,見当たらないので,ちょっとやばいかとボツにしたかもしれない,そのSPにまつわる話。

昔のマンガや映画で,レコードをうっかり落としてパリンと割っちゃったなんてシーンがありました。でもあれ,必ずしも正しくない。意外と割れない,ことがある。

だってあれでフリスビーしてたんだもん。

キャッチしそこなった瞬間,やべ,割れる,と思ったら実は割れなかった。運が良かったんでしょうねえ。ちなみに,元々傷だらけでとても演奏できそうになかったレコードです。念の為。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

8 thoughts on “回転しながら飛ぶ円盤”

  1. SPって黒いレコードですよね。
    大きくて重くて割と厚みがありました。
    遊んだのは何の曲だったんでしょうね。
    あれを指先で持って飛ばすんですか?
    飛びます?
    芝居の小道具だったのをかけて聞いたことがあるんです。
    針がこする音が何とも言えず良いもので、
    すごい勢いで回転してた記憶が。
    そうか、回りやすいんだ。

    1. Chieさん,SPはLPと比べると重たいですよ。でもずっしりってほどはないです。曲は大昔の歌謡曲だったと思うんですが,全然違ったかも。実家にも昔あったんですが,あれは演歌でしたね。誰かが聞いてるのを見たことはありません。SPは78回転だったので,回るのも早かったですね。

  2. レコードってフリスビーみたいに飛ぶんですね。
    けれど、想像したら電動丸ノコの歯みたいなのが
    ブン回りながら飛んでくるのが浮かんでしまいました。
    怖い~ (;_;)
    お怪我はありませんでした?

    1. ポージィさん,フリスビーのように飛ぶというか,でかい手裏剣みたいなもんでしょうか。電動丸のこが飛んでくるイメージ,遠くないです。怪我したとしても,先生から大目玉食らうのは明らかですので,黙ってたでしょうね。

  3. そういえば、
    クラブのDJが扱うレコードはSP盤そっくりだけどどうなんだろう。
    と今気が付きました。
    カートリッジはもちろん昔のとは違うけどレコードも似てるだけかな。
    行ったことないのでわかりませんけど。

    1. Chieさん,DJがターンテーブルをコキュコキュってやってるやつですか。あれはLPサイズだと思いますけど。ああいうアナログレコードって,最近また売上が増えてるらしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください