幽霊部員とは逆の押しかけ部員

先日パソコン関連ガラクタを全部突っ込んでいる段ボール箱を開け,もう使わなくなったケーブルを処分しました。どんだけ規格があるんだって言うほど色んな形のコネクタがあったのですが,もう一生使うことは無いとゴミ箱行き。中には一個数千円したコネクタもあったのですが。

最近は旧USBとUSB-Cに統一されて,楽になりました。でもマイクを買ったばかりに,そこへオーディオケーブル類が増殖。実はオーディオケーブルはあれこれ持っていて,ガラクタ段ボール箱を発掘していたのは,そのせいです。

あのプラグからあのプラグに変換するのがあった筈なんだけどな〜,とガサゴソやってたら,RS-232CとかSCSIとか,そういうのがゴロゴロ出てきた次第。

さてオーディオ関係パーツですが,ステレオの接続に使っていたとは言え,あまり一般的でないコネクタ,例えばマイクケーブルも何となく知っていて,でも何故見覚えあるのかよく覚えて無かったのです。

コンデンサーマイクを接続しながら唐突に思い出したこと,そういや中学生時代に放送部やってたんだった。

自分でも忘れてたほど薄い活動だったようですが,講堂で音響係やったり,放送室からなんか流したり,運動会でクシコスポスト流したり。でも正式な部員じゃなかったと思うし,なんでやってたんだろ。座敷童子?

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

12 thoughts on “幽霊部員とは逆の押しかけ部員”

  1. この手のケーブルとかコネクターとかそういうの苦手です。
    たいがい埃っぽくて汚いし。
    今は女性のエンジニアもいるけどやはり男の世界って感じがします。
    学校の放送部はモテるって聞きました。
    朝一で校内放送したり、なんかメカニックだし。
    でも中学じゃモテ関係ないか。
    それにしてもよく覚えてましたねー。

    1. Chieさん,スタジオのケーブルは床のゴミくっつけちゃいますからね。あと実はかなりの力仕事です。音響機材,かなり重たいです。放送部なんてモテないですよ。オタク人生の始まりです。部室もなんか廃墟っぽい部屋でしたし。あ,放送室はきれいでしたけど。

  2. 僕は高校時代に美人の先輩の図書局長に憧れて正式な局員じゃないのに高校の図書館のカウンター業務をしてました。でも、出入りを始めたのが高校二年だったので、ほどなく先輩は受験勉強専念のために引退し、用はなくなったので辞めようと思ったらアニオタの後輩どもに懐かれて辞められなくなってしょうがないから図書館を半ば私物化してました。物理部と天文部もやってたので、物理教室と屋上の天文台と図書館を自分の居室のように自由に使ってました。あれは楽しかった。時々、夜の星空の観測会を企画して気になる女の子を誘ったのに、後輩のオタどもがきもいと言う理由で断られたのは悲しかったですが・・・

    1. DNの図書館は天井扇風機だなんさん,僕は高校時代は帰宅部でしたが,よくよく考えたら囲碁将棋同好会の設立に名前を貸してたかも。その囲碁将棋部の一人が図書館やってて,読みたい本を勝手にリクエストしてましたねえ。ちなみに美人でもなんでもない男です。まあ物理部なんてやってたら,いろいろ言われるでしょうねえ。はっきりとは言いませんが。

      1. DNの国立大はクーラーなしで暑い、でもうちの大学は寒い より:

        僕の通ってた高校は女子の方が人数が多かったんですよ。で、物理部なんかも従来女子部員の方が多いくらい。なのに、、、、くっ。。。図書館の先輩は、学区が違ってたので中学校は違ってたのですが、スイミングスクール一緒だった先輩でスタイルも最高で、、、いや、水泳部以外はまともに誰も出たがらない(※)校内水泳大会にその先輩が出ると言うだけの理由で率先して出てました(笑)。

        ※水泳部はインハイレベルで彼らがでると誰もかなわないので誰も出たがらないんですよ。彼らは自分の専門以外で”慣らし”みたいな気楽な感じででるので手抜き。その油断をついて全力で泳いだら、一回だけ背泳ぎで勝ったことあります、平泳ぎ専門の選手に(笑)。まぁ、それ以来、まともに泳いだことないですが・・・

        1. DNの大学の寒冷地極低温研究室さん,女子が多いからといって,モテるとは限らんとですよ,ふっふっふ。そういえば同級生に茶道部に入ったのがおりました。理由はもちろんです。ぼくは部活は陸上部でしたが,個人でピアノに行ってたので,そこは女性のみの世界でした。レッスンの待ち時間中,おいてあった少女マンガを読んでおりました。リボンとかマーガレットとか。

  3. 大変ご無沙汰しております。でも毎日欠かさず訪問してましたよ。

    今月になりアーリーバードのMacBook Proの蓋が膨張してちゃんと閉まらなくなり、とうとう新しい物を購入いたしました。2週間で到着しましたよ、ですって。蓋の膨張で買い直したのを見たのは、これで3度目くらいです。どうやら電池との相性が悪いようです。それに伴い、我が家もパソコンガラクタの入った箱の中を整理してました。沢山専用の分別ゴミに廃棄処分いたしました。管理人様のところには、新MacBook Pro届きましたか?

    在宅勤務が始まって依頼、生活スタイルが変わり、なぜか宅配の回数も増え、TV会議の際は、家の一部がスタジオ状態に変わります。中学時代放送部だったんですって。どこかで似たようなお話しを目にし、微笑ましくなった次第です(笑)

    1. いたずらリスさん,蓋のほうが膨張なんですか。本体なら電池かなと思うんだけど,MacBookって蓋の方にも電池入ってるのかな。本体のほうの膨張なら,MacBook Airの電池はかつて自分で交換しました。新MacBook Pro,使ってますよ。ESCキーが本物のキーになったのが便利です。ちなみに放送部のほうはなんか准部員みたいなポジションで,本命は陸上部です。

      1. 訂正です。膨張したのは本体でした。失礼しました。
        来年、新製品出ないといいですね。

        1. いたずらリスさん,LCDパネルの裏側に電池を配置するノートパソコンもあったと思いますので,Macbookもそうだっけなと。

  4. 小学校5年の時に放送部にいました。ちなみに4年生の時は安全部で朝礼の時にひな壇に上がって今週の安全目標を全校児童の前で宣言する役、6年生では全校児童委員会をやってました、なんてことはいままですっかり忘れてましたが。最初の放送業務を終え、教室に戻ったら、クラスメートからおまえの声全然違うじゃないかと。そりゃそうです。放送部員の仕事は出来合いのラジオドラマを給食の時間に流すことであって、自分が話すわけではなかったのですから。

    1. missssyさん,安全部なんてあったんですか。今週の安全,背後のハイブリッドカーに注意しましょう,みたいな。で,給食時間にラジオドラマ流してたんですか。そういえば,別の部員が給食時間にハードロック流してて,先生が放送室に怒鳴り込んできたのを思い出しました。20世紀少年じゃないですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください