小さいけどちと大きいUSB変換アダプター

ノートパソコンの外部接続端子がすっかりUSB-C化してしまった今日でも,外付けデバイスは相変わらず古いUSBばかりです。変換ケーブルを一つだけ持っていたのですが,たま〜に複数欲しくなる状況があり,予備を買うか悩んでいました。

悩みの理由は,Apple純正部品のお高さ。数年前は変換ケーブルの選択肢もあまり無く,こおまけにの手の部品って安物を買うとうまく繋がらないこともままあって,一本きりだったのです。でも流石に今は状況が全く変わっておりました。

この幅1cmほどの超小型アダプター,2つ入ってお値段$10。Amazonの口コミも上々だったので買うことにしました。もっとも,これ使ったら壊れたなんていう怖い意見もございましたが。

問題なく使えるようです。一度,何故かこれを刺すとWiFiが切れるという謎の現象が起こりましたけど。

問題はサイズ。ご覧のとおり,横幅が普通のUSB幅なので,2つ並べて使えません。上の白い変換ケーブルはApple純正で,このタイプなら2つ刺せたということ。

それはさておき,極小アダプタの問題。これ絶対にどっかで落として失くしますね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

8 thoughts on “小さいけどちと大きいUSB変換アダプター”

  1. きちっとはまってますけど落としますか?
    外してポケットにしまうとか?
    私のドコモのACアダプタがちょうど1㎝だなーと見てたら、
    差し込み部分にBと印がある。
    BがあるならAがあるはず。
    無いんですけど落したんでしょうか?

    1. Chieさん,もしつけっぱなしにしてたら,絶対にどっかで折ります。外してたら落とします。チェーンとかあればいいのかもしれません。ダサいけど。Type-Aは普通のUSBですね。Type-Bっていうのは小さいやつだったと思います。なのでAを無理やりさしたら,多分破壊されます。

      1. ワイヤレスイヤホンを無くしそうになるのでチェーンでイヤホン同士を繋げて、それでも無くしそうになるのでiPhone本体に繋げて、これで大丈夫!ってワイヤレスでもなんでもなくなっちゃうやつですね。

        1. ワイヤレス猫耳ヘッドホンさん,ワイヤレスイヤホンだけは恐ろしくてまだ手が出せません。絶対に失くします。なんせイヤホンを使うのは決まって飛行機内で寝るときですから。

  2. type-c なる名前があることすら知りませんでした。
    大きいのと小さいのがあるなぁ 差し込む向きが決まってたり
    向きが無かったりするなぁ と、ぼ~っと思ってた程度。
    小さな備品って無くしがちですよね。
    ノートパソコンには「スリーブケース」は無いんですか?
    あればそのポケットに入れると決めておくとか、
    あれこれの備品一式何か小物入れに入れると決めておくとか。
    しまう場所を決めておいてもそこに入れない、という問題には
    対応できませんけれど。

    1. ポージィさん,Cになって何が良くなったって,もう上下に悩まずに済むのです。今までは,まず刺してみて,あ,これ反対だとやり直して,逆でもやっぱり入らなくて,最初が正解だったという。スリーブケースに小さなポケットがついていましたので,いまはそこに入れていますが,まちがいなくどっかに忘れてくるでしょう。

  3. USBで二つ何かをつなぐ時にケーブルの片方はAで他方がBです。世の中には両側がAというケーブルがあってこれで2つのデバイスをA側でつなぐと壊れるといわれています。うちはシンテックのCアダプタを使っていますが、幅は純正品と同じです。

    1. missssyさん,両側がAというのは見たことありませんが,いったいどんな需要があるんでしょう。Aのオスメスならよくありますけど。そういえばHDMIにもいくつかタイプがあって,その謎の変換ケーブルというのがなぜかここにあります。もちろん使いみちはありません。

コメントは停止中です。