ぱらぱらやってくる

家に居てすることもないから,でもないのですが,この数週間オンラインショッピングが増えています。もちろんメインはAmazonで,50%くらいは必要あっての買い物。残り半分は,まあゴニョゴニョ。

コンピュータ関連用品とか,家の壊れた金具の交換とか,草刈り機の交換パーツとか,そういう細かいものがぱらぱらと配達されてきます。でもAmazonさん,大は小を兼ねる主義ですので,時々とんでもないサイズのダンボールが届きます。

この箱,長さ60cmくらいあるでしょうか。でも中身はこのグシャグシャの紙の下に隠れた,さらに小さな箱。容積の8割は空洞。

おまけに配達員さん,ピンポンしてくれません。玄関前に放置です。一応「本日配達」のテキストメッセージが来るので,家の前にUPSが止まるのを物陰から確認し,車が去ると同時に室内へ入れます。まあ治安の良い土地柄なので,盗難とかはまず無いんですけど。

あれこれ注文してると,何を買ったのかよく覚えてないのも事実。配達されてから,ああこんなのも買ったんだったとなることもあります。そんな中,Amazonから配送遅れのお詫びのメール。

CDなんですが,実は買ったことすら忘れてました。1週間以上前に注文したようです。で,配達予定がなんと 6/10から6/25の間。飛脚が配達かも

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

8 thoughts on “ぱらぱらやってくる”

  1. こちらも同じ(笑)
    外出をひかえるからAmazonは助かりますが、
    おっきい段ボールに小っちゃい中身が底に張り付いてます。
    以前びっくりしたのは縦横高さ60センチの段ボールがあとからあとから運び込まれた時です。
    ボールスタンドといって丸型のプランター用スタンドで、
    重ねれば何個か一緒に入るのに一箱づつ届きました。
    さすがにバカじゃないの?と思いました。

    この頃段ボールをバラして結わいて資源ごみの日に出すのが大仕事です。
    こちらではお兄さんと対面の手渡しですし、
    本やCDは封筒でポストにポンになりました(以前は段ボール・・・)

    1. Chieさん,アマゾンってダンボール代金だけでかなり行ってそうですよね。こっちでも段ボール箱は畳んで小さくして,リサイクルボックスに入れます。でかすぎると,カッターで分割です。今日届いた小さなパーツは,中で袋が破れておりました。まあ無事だったのでよし。CDはぷちぷちが中に入った封筒ですね。

  2. センターの国を出発した飛脚が今、太平洋を渡っていると思われます。

    1. あーにゃさん,シルクロードをラクダに乗ってやってくるんですかねえ。まだタクラマカン砂漠あたりかもしれません。

  3. 巣篭もり生活でAmazon依存度高止まり中。でも、あの機械的「大は小を兼ねる主義」や「中身が底に張り付いてい」るのって、機械がやってるんだからナーと押し殺しつつも微小ストレス溜まりますね。本とCDは「ポストにポン」だからポチッと気軽に〜も多々マチガイのもと。

    1. Zoom飲み会Nekoさん,日本人は古来から大きな葛籠より小さいものの方に大判小判ざくざくと知っておりますので,大きな段ボール箱には抵抗ありますね。在宅が続けば飲み代もかからないでしょうから,CDくらいはぽちっとするのはよしとしましょう。

  4. 写真を見てホルマリン漬けになった大脳を連想したのはわたしだけではないはず。以前注文して届くのに難週間かかかったものは送り先の住所を見たら確かにタクラマカン砂漠の向こう側でした。ラクダに乗ってきたのか、イルカに乗ってきたのかは不明ですが。

    1. missssyさん,これはシワの多い良い大脳。そのうち商品がアフリカから届くようになるかもしれませんね。箱を開けたらバッタがいっぱいとか。

コメントは停止中です。