公私混同なのか市民サービスなのか

先週末の昼下がり,ピアノの鍵盤をぶっ叩いてると,パトカーが二台ファンファン鳴らしながらやってびっくり。近所で事件か。パトカーの後ろには数台の車も連なってます。

何事かと窓から表通りを見たら,近所の家族も子供らと一緒に玄関前に座って警察隊を眺めております。そりゃあ気になりますよね。

でも驚いたことに警察隊,その家の前に止まったのです。こりゃ野次馬じゃなくて,あの家で事件があったのか。やばいことになったと思ったその瞬間,警官がスピーカーで何かを警告,

いや,歌だった。

Happy Birthday to You ♪

え?え?

一瞬何が起こったのかさっぱり理解できません。パトカーの後ろに連なる車の中からも,ハッピバースデーの声。これはつまり...

コロナの自宅謹慎状況で誕生日のパーティができなくなってしまった子供に,友人ら家族が車でお祝いを言いにきたわけ。それも警察に先導されて(公私混同?)

いやはやなんともアメリカらしい光景でした。その家族,警察パレードが来るまで,玄関前で待ってたというわけ。

そうとは知らず,僕はばりばり鍵盤を叩いておりました。すまんねえ,そんな状況で「残酷な天使のテーゼ」とか弾いてて。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

4 thoughts on “公私混同なのか市民サービスなのか”

  1. エヴァンゲリオンのあれを派手にガンガンやってたんですね。
    「都庁ピアノ」で聴いたことあります。
    (YouTubeのここ面白いんです)
    で、パトカーですけどアメリカって心の余裕があると言うか、
    いいですねーなんだか。
    ほっこりしました。
    子供の誕生日しかだめなのかな。
    残念ですねーー(笑)

    1. Chieさん,そうです。エヴァのアレをがんがんやっておりました。ストリートピアノで弾く人,いるようですね。あれは受けそうです。パトカーサービスは子供だけでしょうねえ。大人に警察が来るときって,やっぱり逮捕しにきたときだけでしょう。

  2. わぁ 粋な計らいといいますか、日本ではありえない
    光景ではありますね。そういえば、どういう状況でだったか
    忘れてしまいましたが、やはり警察官がある家庭の子供に
    クリスマスプレゼントを届けた♡というニュースが紹介されて
    いたのを思い出しました。
    警察パレード・バースデープレゼントが立ち去ってから、
    LiLA管理人さんもHappy Birthday to You ♪を奏でてあげました?

    1. ポージィさん,日本ではありえない光景ですね。警察がそんなことしたら,新聞沙汰です。こちらのお巡りさん,今ではスピード違反するような交通もなくて,かなり暇なのかもしれません。パレードが去ったあと,小さい音でハッピバースデー弾きました。

コメントは停止中です。