まだちょっと寒いけど屋外仕事

ずっと自宅で仕事していると,曜日関係なく続けてしまうので,どうもメリハリが付きません。その代わりと言っては何ですが,ポカポカ陽気の日ともなれば,外にパソコン持ち出して日向ぼっこしながらの仕事も可能ですので,これは最大の利点かも。

ちなみに気温はまだ10℃を少し超えるくらい。日が陰ると寒いので,あまり長時間の野外作業には向きません。

たまにこうやって汚い足を温めてくれる半野良の近所の猫もやってきますが,すりすり体を寄せて甘えてると思うことなかれ。その先にあるバードフィーダーにやってくる野鳥を狙っております。

一日一回,静かな町中をジョギング。絶対に誰かやるだろうと思ってたら案の定,Oppenheimerの銅像もマスク装着です。ちょっと二人の距離が近いかな。2m離してあげないと。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

12 thoughts on “まだちょっと寒いけど屋外仕事”

  1. 10℃そこそこで、おみあし外気にさらしてお仕事ですか?
    風が無くて日が当たっていれば平気なもんでしょか。
    猫ちゃんはLiLA管理人さんのおみあしで暖をとりつつ
    甘えているとばかり思いましたよ。鳥さんを狙ってたとはね。
    銅像にマスク~ 啓発なのか在庫余裕たっぷりなのかどっち?

    1. ポージィさん,日があたってるとポカポカ暖かいんですよ。体全部が日向に入ってると暑いくらいです。猫は椅子の上ならまだよいほうで,バードフィーダーの取り付けてある柵に登ったりするんです。そういうときは叱って引きずり下ろします。なんで他人の飼い猫をしつけないといけないのか。もっともそんなのが分かるような年にも見えません。銅像のマスクはまあジョークなんでしょう。今日見たらなくなってました。取られちゃったのかも。

  2. おっぴーには黄色いマスクですか。放射線強度は距離の二乗に反比例しますが、マスクでは防げませんね。それとも鉛入りでしょうか。クロム酸鉛でマスクが黄色いのか。黄鉛色ってやつですが、そういえばオーエンさんちのチェンバレン君もそのあたりにおられましたよね。

    1. missssyさん,ガンマ線なのか中性子線なのか,そういうのが分からないことにはなんとも言えませんが,βならマスクで十分です。くちのまわりの防護だけならですが。

  3. 猫、しっかり収まってますね。自分ちよりLiLA家の方が好きなんだ。Q:「猫はなぜニャ〜ンと鳴くか?」、A:「そこに人がいるから」。詳細はチコちゃんが教えてくれます。日本のテレビ、また見られるようになったんでしたっけ。

    1. ごにゃ〜ん猫さん,猫がにゃんと鳴くのは,お寺の和尚さんが猫を袋に詰め込んでポンと蹴ったからでは。今後テレビはどうなるんでしょうね。再放送とか総集編ばかりになりそうです。

  4. 猫が鳥を見つけるとヒゲを震わせてケケケのような変な小声を出しませんか?
    あれは何でしょうね?
    その猫はやりませんか?

    1. うちの猫は生後すぐから外部世界を知らずに育って14年。猫を見たことがなく、人と猫の区別がつきません。従って遠吠えの時以外は基本ネコ語しか話しません。でも何故か鳥をすごくモノスゴく意識していて、鳥がくると妙な言語を喋ります。

    2. Chieさん,この猫は声はどうでしょう。あまり聞かないかなあ。そもそもあまり敏捷性がないような。デブすぎ?

      1. デブでも獲物を捕らえる時は猫が変ったようになるはずです。
        いつも腹一杯なんじゃないですか?
        猫には一日中一人で喋ってる(確かにただ鳴いているんじゃないんです)猫と、
        返事を尻尾でするような無口猫といます。
        その猫は無口なタチなのかもしれませんね。

コメントは停止中です。