季節感の無い最後のカツカレー

先週末,日本最後の食事は福岡空港のロイヤルホストでのカツカレーでした。なにかもう少し季節感あるものを最後に食べたくもあったのですが,やはりロイヤルのカレーは外せません。福岡と言えばロイヤルです。

でも最近は店舗数が減っていいるようで,帰国したら必ずロイヤルのカレーを食べるルールが廃れつつあります。

カレーなんていつでも食べられます。桜の季節なんだから,最後に桜餅でもあったらよかったのですが,さすがにロイヤルホストに桜餅はありませんでした。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

12 thoughts on “季節感の無い最後のカツカレー”

  1. 道明寺ってのは福岡でしか食べられないカツカレーのタイプだと思っていました。昨日の書き込みの段落展開からはそう読み取ることも可能です。でもなぜ大阪なのに福岡?菅原伝授手習鑑つながり?とかそもそも藤井寺市にあるのになぜ道明寺?とか安珍清姫はどこへいったの?とか、まあこれは道成寺だけれど、と疑問はつきません。

    1. missssyさん,ほんとは太宰府の梅が枝餅と言いたいところですが,あれは二日市であって福岡ではないのです。あと,ナーナックのカレーですかね。親不孝通りによく行ってたカレー店もあったのですが,名前失念しました。

  2. ふと頭をよぎったのですが、今年はやられました!

コメントは停止中です。