冠禍の日本を脱出して禍の国へ到着

福岡空港から成田へ。まずこのチェックインで躓きました。ANAとDeltaは提携していないので,元々通しのチェックインはできないのですが,スーツケースだけはAlbuquerqueまで預けられるはずです。それがうまくいかない。

成田でスーツケースを一旦受け取って再度預けなおす余裕はありません。ANAの職員さんもDeltaに電話をかけるまでしてくれて,なんとかそこはパスしました。

この時期の成田行き,当然ながらガラガラです。この非常事態に海外に飛ぼうなんて人は,あちらへ這々の体で帰国する人くらいなもんです。

成田第一ターミナルの南ウィング,Star Alliance側。全くの無人です。

そして北ウィングSkyteam側も,地上係員が暇そう。不幸中の幸いというのか,いとも簡単にチェックインできました。福岡で預けたスーツケースもちゃんと確認してもらえ,安心してSeattle行きへと乗ることができます。

国際線もご覧の通り,キャンセルだらけです。そんな中,Seattle行き便を飛ばしてくれたDeltaに感謝。乗客はおそらく2割以下だったので,大赤字の筈です。

ところでこのSeattle便が,最後の成田発Delta便だったようです。今後は全て羽田発着になります(そしてその羽田発をキャンセルされた)。

搭乗直前,パイロットさんが搭乗口に現れて最後のスピーチを行いました。今日は記念すべき日であることを伝え,成田の地上係員へ感謝を述べました。機体がボーディング・ブリッジを離れるときは,成田の係員もちょっとばかり感傷的になっていたように思います。

SeattleからSalt Lake City,そしてAlbuquerqueと,キャンセルも無く順調に飛びました。乗客は極端に少なく,機内サービスもありません。でも帰りついただけでも幸運です。

ABQでのレンタカーオフィスに誰もおらず,ちょっと焦ったのが最後のイベント。なんとレンタカー数社の対応をたった一人でやっておりました。それほどまで旅行者がいないということ。まさに異常事態です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

12 thoughts on “冠禍の日本を脱出して禍の国へ到着”

  1. 無事ご帰宅おめでとうございます。本当によかったです。心配してました。福岡から成田の忙しい道中にもかかわらず、しっかり期待通りに写真を撮って下さいましてありがとうございます。そう成田発のDelta便なくなるんですよね。そんなイベントに出会すなんて。ついてます。でもまだ2割くらいも乗客がいるなんてすごいですね。

    帰宅出来ればもうこっちのもんですものね。周囲が気にするでしょうから、暫くは今から自宅待機でしょうか?

    1. いたずらリスさん,無事帰宅しました。ありがとうございます。間一髪だったかもしれません。乗客はおそらく急遽帰国する人達だけだったと思います。入国審査でVisitorのほうには人は殆どいませんでしたから。これから2週間の自宅待機です。日本よりもこっちの国の方が感染の確率高そうなんですけどね。

  2. ふーーっ 手に汗をにぎりました。
    飛行機もそうだけど日程そのものが危うかったですものね。
    非常時だからでしょうか、どの職員さんも係員さんも優しい気がします。
    そちらの空港では、おかえり良く帰って来たね!と迎えられましたか?
    とにかく今は安全なお家にいらっしゃるからこそのブログです。
    良かった!
    アメリカはかなり厳しいようですが、
    ロスアラモスはコロナに関してどんななんでしょう?
    ホッとする間もなく今度はこっちが心配です。

    1. Chieさん,ぎりぎりタイミングで日本に帰国して,再びこっちに戻ってきました。ほんと運がよかったです。家はウィルスからは遮断されていると思うのですが,ずっと家の中にいるのはやっぱりストレスです。走りにいきたいんですが,日没後ですかね。こちらのコロナはまだまだ下火ですよ。

  3. おかえりなさい。この欠航便の嵐の中で福岡かからABQまでたどり着けたのは奇跡に近いです。旅慣れたLiLAさんだからできたのかも。
    ガラガラの空港に2割の乗客、そう聞くと「旅行しても大丈夫かも?!」と邪な心が芽生えそうになってしまいますが、そこはガマンしてお家に居ることにします。
    私の同居人は自宅にオフィスを構えて3週目になりますが、コロナのおかげで忙しいようです。

    1. あーにゃさん,ほんとうまいことフライトが繋がったものです。運が良かったです。空港はガラガラですが,旅行に行ってもどこも開いてませんよ。空港のレストランも全て閉店。辛うじて買えたサンドイッチは,目ン玉飛び出るくらいの暴利でした。僕も今日から自宅オフィスです。最初の仕事は溜まりに溜まったメールを全て削除,もとい,目を通すことです。

  4. お疲れ様でした。歴史的な飛行に巡り会えたというのは不幸中の幸いでしょうか。e-tiketはそのうち価値が出るかも。羽田便がキャンセルになったのはあちらにラウンジを作るいとまもなくこういうさわぎになったからかも。昨日デルタから、飛行のたびに機内は消毒する、機内サービスは極力抑えて濃厚接触を避ける、だから利用してね、といった内容のメールが来ました。別のエアラインからは、我々は社会的距離を機内で実現する!という宣言メールが来ました。がらがらをポジティブにいえばそういうことになります。なかなかアメリカンな精神で頼もしい限りです。疲れを癒して来るべき篭城に備えてください。こちらもそうですが。

    1. missssyさん,そちらも通信教育でしたね。社会的距離というより,実際の物理的距離のほうが大事なような気もするのですが,まあ言葉の定義の問題でしょうか。確かに歴史的なフライトでした。搭乗券はもらってますので,温存しておきましょう。僕の死後,誰かがみつけて,そのままゴミ箱行きでしょう。機内の消毒はいいんですが,入国時のあのキオスクのタッチパネル,あれはいいんですかね。みんなビシビシと触ってますが,毎回消毒はしてなかったです。

  5. 無事ご帰宅、ホッとされたことと思います。一日ごとに状況が変わりますので、先が読めません。本当に良かったですね。

    案内板の写真見ると、首都とか巨大ハブ空港にかろうじて飛んでいるのはわかりますが、UnitedのGuam便がOn Timeなのが何というか意外ですね。この期に及んでビーチに遊びに行く人がいるのでしょうか(それとも米軍関係者用かな)。

    1. Hiroさん,無事到着して安堵のひと時でございます。一歩間違ったら,あのまま日本に長期滞在の可能性もありましたし。フライトは必要最小限になってるようですね。グアムはおそらく軍関係でしょう。僕の乗ったフライトでもそれっぽい人が数人おりました。

  6. ガラーンとした空港。異様な光景ですね。
    そんな中でもお仕事して下さっている方たちには
    頭が下がります。
    ギリギリセーフで無事アメリカにお帰りになれて、
    まずはホッとしました。その後はご自宅待機でしょうか。
    体力をしっかり保つべく、休養をしっかりお取りください。

    1. ポージィさん,こんな成田空港,見たこと無いです。そんな状況下でも飛行機を飛ばすためにはたくさんの人が働いてるんですね。ほんとうに感謝しかありません。これからは自宅待機です。4月の出張も全部キャンセルになって,こっそりと喜んでおります。

コメントは停止中です。