冠禍での日本滞在,いろいろ出てくる

日本の自宅に帰国後,自分が残したガラクタの処分をしています。小中高時代のノートは出てくるわ,大学卒業証書が発見されるわ,挙句の果てには通信簿まで出てきて冷や汗しきりです。すでに自分の物は何も残ってないと思っていたのですが。

そんなかつての自分の部屋に何気なく置かれていた2つのブラスチックケース。開けてみて驚きました。一つは古い硬貨やら古銭ががらがら。確かに自分が子供のころに集めていたものです。そんな写真はまあおいおい紹介するとして,問題はもう一方のケース。

これ,地方限定だと思うので分からないかもしれませんが,西鉄バスの整理券です。バスに乗るときにこのチケットを取り,下りるときに番号に応じた料金を支払うシステム。色が違うのは,おそらく別のバスで取った整理券をこっそり使ってズルするのを防止するため。

そんな整理券がどうしてこんなに残っているのか。白状しますと,高校生時代に悪友らと変な遊びが流行ったのです。それは整理券の長さ競争。

整理券の長さなんて,どれも同じです。でもそれは普通に整理券を取った場合のこと。整理券が出てくる瞬間を狙って取ると,わずかに長さが伸びることがあるのです。それを競うわけ。

アホなことをやってたものですが,ほんの数mmの差に破れし者の行く末が,このプラスチックケースだったわけ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

23 thoughts on “冠禍での日本滞在,いろいろ出てくる”

  1. 整理券、奈良交通にもありました。でも不正防止のために色付けされていたかどうかまでは記憶にないです。同様の理由で「出席票」に色付けをしていた大学もあるようです。しかし、これだけ整理券が手元に残すことができた、ということはそもそも降車の際に運転手から整理券を求められなかったんですかね?

    1. 現地委員さん,出席票をずらして重ね,そこにペンで線を引いて偽造防止していた教授もおりました。そこまでするかねー。降車時になぜ整理券を出さないですんだのか,そこは実はボカして書いております。そこにもちょっとした秘密がございます。

          1. 始発のバス停では整理券がないので、途中から乗っても始発からの料金を入れれば整理券は手元に残ります。おこずかいが豊富な高校生の遊びだった?地域経済に貢献したんですね。

            1. missssyさん,そりゃまた豪遊ですな。お小遣いがいくらだったか不明なんです。不足したら引き出しから勝手に取っていくシステムでしたから。もっともお金はほとんどが日々の食費でしたけど。

  2. いろいろ出て来ると手が止って仕事がはかどらないんですよね。
    学食の整理券かな?と思ったんだけど、バスなんだ。
    番号はバス停の番号ですか?
    高校生時代にしては色を塗ってたりしてま~~す(笑)
    ちょっと微笑ましかった。

    1. Chieさん,そうそう,つい手が止まってしまいます。うわこんなんあったわ,みたいな。番号はバス停というか,料金が変わるタイミングでのバス停です。番号が運転席上に表示されており,そこに運賃が出る方式です。

  3. 今ではガラクタかもしれませんが、当時は大切なものだったんですよね。回数券って昔も今もほとんど変わっていませんねぇ。整理券って印刷されているものもありました!今はもうないですよねきっと。って私は西鉄バスが走っていないところに住んでいた訳ですが。今ではICカード普及で回数券を取ることもなくなりましたが。しかしこの量半端じゃないですね。相当凝ったとみました。長さが微妙に違うだなんて全くノーマークでした(笑)。

    1. いたずらリスさん,西鉄バスの回数券も出てきましたけど,そっちはさすがにこんなにしょぼくはないです。いまでも使えるのかどうか不明ですが。西鉄バスの交通系カードって,整理券の上にあって,それを知らないとうっかり整理券だけ取ってしまうんです。そうすると,下車時に面倒なことになるので,結局硬貨で払ってしまいます。

  4. ん?なんじゃこりゃ?
    と、一瞬思って、
    アハハ!バスの整理券じゃ~ん!
    と、爆笑してしまいました。

    整理券って、運賃払う時に一緒に入れるものなのに、それをこんなに集めているとは(笑)。なんとなく、すごい!

    もう何十年か寝かせておいたら、鑑定団で高値がついたりして。『バスマニア垂涎?!昭和の回数券、鑑定やいかに?』とか。

    1. Sanaeさん,バスの整理券を集めてるなんて人,普通いませんからねえ。運賃を払うときに一緒に入れない方法は秘密です。もっと寝かせておいても面白いかと思うのですが,ほぼゴミなので処分いたしました。

  5. 都バスは料金均一なので整理券は存在せず、そういう遊びは思いつきもしませんでした。基本、高校へは中目黒を通る電車で蛇崩川を越えての通学でしたが、たまに渋谷からバスを利用することもありました。高校へのバスは私立一貫の中高生が多く乗車するので割引運賃となっており、路線上には女子校もたくさん存在するためエロバスなどと呼ばれていました。あのころは浅田美代子とか林寛子とかが通っていました。

    1. missssyさん,東京は乗るときに運賃を払ってしまいますもんね。東京の前乗りというのに衝撃を受けましたもん。で,バスであんなことそんなことしてたとは,みっしーさん,朝日新聞にちくっちゃいますよ。

      1. ま、確かにうちの高校はあの新聞に数年間にわたってシリーズで取り上げられましたからね(いい話ではないっすよ)。わたしが卒業してからですが。林寛子もそのころは卒業していたはず。

        1. missssyさん,あの新聞に書かれるというのは,だいたい良い話にはなりませんねえ。まあどこの新聞でも同じかもしれませんけど。林寛子ってもう60歳なんですね。そりゃまあ自分の年齢考えたら当たり前なんですが。

          1. 同じ高校の生徒が芸能人と気付かずに林寛子が通う女子高の前の横断歩道のところで本人にラブレターを渡し、一部始終が明星だかなんかに書かれていました。A高校のA君ということでしたが、彼のイニシャルは実際のところAです。思いの丈を全国にさらされてはたしてA山くんの気持ちはいかばかりだったのか。こういうのって時効はあってないようなものだと思います。ちなみに朝日のシリーズではX高校として紹介されていました。

            1. missssyさん,その記事のシリーズ,どっかにドキュメンタリーとして出版されてたりしたら,末代まで語り継がれますね。それにしてもラブレターとはまた懐かしい言葉を聞きました。いまじゃどうなんでしょうね。ラブメール?ラブLINE? そもそも恋愛そのものが廃れてきてたりして。

    2. misssssssy 先生!
      エロバスって(笑)
      私あれに乗ってました。
      渋谷駅~日赤医療センターでしょう?

      1. Chieさん、そんなに一気に「 s 」を増やして修行が追いつきません。そう、医療センターです。ってことはあの女子高群のどれかに通っておられたのでしょうか。医療センターの近くの男子校ってあまり数はないのですが(というかほぼ特定される)、そこってことはないですよね。Chieさんの正体は実は浅田美代子だったとか?

  6. おやおや!そんな遊びをしていらしたのですね。
    プラケース一杯のバスの整理券とは~
    で、優勝した整理券はどれだったのでしょ。
    でも、なぜ整理券が手元に残ってるの?
    乗るときわざわざ複数枚取ったということですか?

    1. ポージィさん,優勝したのは友人で,約2倍の長さの整理券を取り出した友人がおりました。信じられないかもしれませんが,というか僕も信じられないんですが。なぜ手元に整理券が残ってるのかは秘密です。

コメントは停止中です。