三段跳びParisで定番メニュー

もはや三段跳びの意味は全くありませんが,パリでの夕食シリーズ。この日も新人若手研究者との夕食。何か食べたいものはあるかと聞くも,何でも良いと言うので,定番メニューにすべく超観光地のQuartier latinのレストラン街へと繰り出しました。

いつもなら観光客でごった返すエリアです。混んでるかと危惧したものの全くの杞憂。やはりコロナウイルスの影響でしょうか。すんなりとレストランに入れました。

フランスのメニューは,つまり定食。前菜,メイン,デザートのコースを選びます。今回は定番の三段跳びで固めました。まずはオニオンスープ。

メインはbœuf a la Bourguignonne ブッフ ブルギニョン,ブルゴーニュ風ビーフシチュー。

そしてデザートはもちろんcrème brûlée クリームブリュレ。このフランス語,アクセントがめちゃくちゃ面倒です。フランス人友人は,このアクセントが正しくメニューに記載しているときに限ってこれを注文するそうです。間違っていたら料理も偽物だとか。

飲み物はハウスワインの赤にしておいたのですが,さすが観光客の多いレストランだけあって,これは不味かった。まあ一回くらいはこんな場所で食べるのも経験かと。

おまけの朝ご飯の風景。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「三段跳びParisで定番メニュー」への2件のフィードバック

  1. カルチェラタンってそういう字を書くのですね〜。フランスでもワインがマズイことあるんだ!

    1. Sanaeさん,英語で書くとラテンクォーターなので,色気もそっけもないですね。安物ワインはおいしくなかったりしますよ。なんたらのサタも金次第です。

コメントは停止中です。