Deliusを大人買い

F. Delius ディーリアスは19世紀末から20世紀初頭の英国の作曲家ですが,一風変わった音楽を残しています。英国と言っても,ほとんどをParis南部のGrez-sur-Loingで過ごしていますが。

当時のWagner, Mahler, R.Straussの音楽がどーんと迫ってくる油絵なら,この人の音楽は田園の水彩画,あるいは印象派風。僕は好きな作曲家なのですが,持っていたCDを誰かに貸したままになってるらしく,ずっとunDeliusな年月が過ぎ去っていきました。

それが先日,Amazonで格安ボックス・セットを見つけたので,これ幸いとポチっ。でもまさか18枚セットだったとは。

この人の曲の隠れファンは多いと思うのですが,さほど頻繁に演奏されることはありません。「ディーリアス」でググってみても,たったの5ページ止まり。「春初めてのカッコウの声を聴いて」や「夏の庭で」,「楽園への道」あたりの管弦楽曲はそこそこ取り上げられ,YouTubeにも幾つか動画があります。

全体にあまりくっきりした旋律というものが印象に残らず,移ろいゆく音の色が印象に残る感じの作品です。極端な起伏も少なく爆発力もない。でもそこが魅力です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「Deliusを大人買い」への10件のフィードバック

  1. ずっと昔レコード芸術か何かのインタビューで内田光子が「エルガーはわざわざ聴かない。イギリスの田園地帯をドライブするのと変わらないから」みたいなことを言ってました。エルガーが車窓からの風景だとすると、ディーリアスは自然を全身で浴びつつぶらっと歩く感じですよね。ちなみにレコ芸の記者は「でも日本に住んでるぼくらはイギリスをドライブできないからエルガーを体験するんですよ」みたいな斜め下の反駁してました。

    それにしても、ディーリアスってCD18枚分も曲書いてたんですか。

    1. Hiroさん,エルガーとなると,イギリスをドライブというよりは,19世紀の中を馬車でという感じがしなくもありません。20世紀になっても,オレがエルガー,みたいな。
      僕も18枚分もあるんだとびっくりしました。有名所をあつめたって普通2枚もあればことたりますもんね。なんとビーチャムのスピーチやらリハーサル風景やら入っておりました。

  2. ディーリアスってちゃんと聴いたことあったかな〜^〜^〜。それを18枚ポチっとはさっすが管理人さん大胆不敵。

    ところで小猫、今年はまだコンサート行ってない。禁断症状が昂じてついさっき切符を一枚ポチっ。ポチの敷居の低さが怖い。目玉はD-E♭-C-Bバイオリン協奏曲第一番です。買えばドボ7も付いてくる。それにしてもピアノ弾ける人って羨ましい限りです。禁断症状、お家で治療できるんだから。

    1. ポチーリアス猫さん,めちゃ安かったんです。これだけ入ってCD二枚分のお値段のお徳用パッケージ。単発の管弦楽曲集買うよりはお買い得です。それだけで選ぶのもどうかとは思いますけど。
      DEsCH協奏曲,行かれるんですね。どゔぉ7もいい曲です。かなりBrahmsの3番をパクって… いやいや,インスパイアされておりますけど。先日,生まれて始めてハンマークラヴィーアの終楽章を最後まで通しで弾けました。どうなってんのこれって箇所だらけです。

      1. ハンマークラヴィーアとは大変なものをお弾きになるんですね〜(OvO)!ところでこの土曜の新日本フィル、曜日を見間違えてて、付いてくるのは「どゔぉ7」じゃなくて、同じショスタコーヴィッチの第六交響曲でした。聴く機会少ない曲だから、我が家のお雇い楽団のベルリン・フィル(契約金年額145€で500曲以上見放題聴き放題)で予習中です。昨日はAndris Nelsonsに指揮させました。Paavo Jarviも演りたがってました。

        1. TaccoNekoさん,アマチュアが挑戦するような曲じゃないんですが,これができたら全32曲通し演奏ができるんです。今年年末あたり頑張ってみようと思っています。何時間かかるのか分かりませんけど。
          6番のほうでしたか。運動会のかけっこ音楽ですね。僕はあのひょうきんな明るさが好きでよく聴きます。序破急になってますね。

  3. 英国の作曲家ってエルガーとホルストしか出てこないんですが、
    その割に知ってる歌がたくさんあります。
    グリーンスリーブス ロンドンデリーの歌 アニーローリー 
    ホームスイートホーム きらきら星 ピクニック 蛍の光もそうでしょう?多分もっとある。
    スコットランド民謡とかでしょうか。

    1. Chieさん,英国のフォークソングは有名なのは多いですが,クラシックの作曲家ってあまりぴんと来ませんね。古いところでパーセル,近代では大御所のベンジャミン・ブリテン,ヴォーン・ウィリアムズ,あと誰がいたっけ,ウィリアム・ウォルトン。何が有名かと聞かれても困りますけど。

  4. ディーリアス、さっそくSpotifyで聴いてみました。Idylle de printempsって曲がかかりましたが、とても素敵ですね!

    先週末にとうとう、初・電子ピアノを買いました\(^o^)/

    幼少期挫折組なので、なにから始めようかな〜と思いましたが、前にLiLAさんの書いていたメトードローズを思い出し、一冊買ってきて練習しています(笑)。

    ピアノ一年生、楽しいです。

    1. Sanaeさん,さっそく聴いてみましたか。「春の牧歌」ですね。かなり珍しい作品です(笑) Spotifyにそんな曲があるとは。
      電子ピアノご購入おめでとうございます!
      バイエルよりはメトードローズのほうが楽しいと思うんですよね。挿絵もありますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください