深夜の音楽鑑賞の序破急

ちょっとAmazonで買い物したついでに,一枚忍びこませておきました。Hilary HahnのヴァイオリンでBrahmsとStravinskyの協奏曲。珍しい組み合わせですが,それ以上に真っ黒なCDというのも珍しい。

さて深夜になれば音楽鑑賞タイム。その時の気分,と言うか面倒レベルによって3つの形態があります。

まずじっくりゆっくりと音楽を楽しみたいとき。これはもうCD棚とにらめっこした後,やおらオーディオのスイッチを入れ,部屋に広がる楽器の音を堪能します。

立ち上がるのが面倒なとき。手元のパソコンから遠方のBluetoothスピーカへ音を飛ばして,パソコンに取り込んだCDを再生。音の広がりは無くなりますが,さほど悪くはない。それに大概の曲はパソコンに入っています。

曲を選ぶのすらメンドクサイ時。手元にあるリモコンでTVオン。YouTubeへ行っておすすめされるがままに再生。さほど好きでも無い曲も流れますが,気にしない。唐突にタモリ倶楽部が始まりますが,気にしない。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

6 thoughts on “深夜の音楽鑑賞の序破急”

  1. ヒラリーハーンだ!カッコいいですねー真っ黒♥似合う。
    ヴァイオリンの甲高い音が苦手なんですけど、
    ヒラリーハーンの音は好きだし上手い!
    むふふ日本へ来るんですよーー。
    2021年3月7日あと一年です。
    だけどーー場所が所沢って・・・泣く
    曲はブルッフのヴァイオリンコンチェルト1番
    どや!

    1. Chieさん,来年のコンサート予定をすでにチェックされているとは。所沢市,近いじゃないですか。ほぼ東京ですよ,ほぼ。
      YouTubeでHahnの演奏をいくつか見たのですが,この人は上手いし,音が本当にきれいですね。ライブで聞けるのであれば,ちょっとくらい遠出しましょう。

  2. コロラドの田舎町に住んでた頃、全米ツアー中のHilary Hahnを聞くチャンスがありました。こんな場所でこんなレベルのバイオリンが聴けるのかと感激。とんがったお姉さんかと思ってたら、はにかんだ笑顔の可愛い女の子でした。

    今日YoutubeのおすすめにJohn CageのLiving Room Music を発見。John Cageなんて全然聞かないのに何故だろう?

    1. Hiroさん,僕もこの田舎にツアーで来たような気がしてたのですが,実際に聴いたのはJulia Fischerでした。いやあBlogって役にたちます。
      John Cageの In a Landscape,いい曲ですよ。催眠効果ありますので,弾いてると眠くなります。

  3. Stravinskyのバイオリン協奏曲って、先入観なしで聞いてもとんがってたりなかったりの対比が面白い。これもNott/東響で一昨年初めて聞いた印象ニャンやけど。

    1. Gonnekobachev書記長さん,このヴァイオリン協奏曲は新古典主義のバロックを模したような曲なので,すんなり入ってきますね。Perlmanの演奏のが好きでよく聴いています。終楽章,ズンチャンズンチャンと二拍子に聞こえるところ,実はスコアでは三拍子になっていて,頭が混乱します。

コメントは停止中です。