ウィーンと言えばウィーンフィル

一週間のご無沙汰です。先週はウィーン出張だったのですが,慌ただしい日々に更新をサボっておりました。実際,仕事三昧の一週間で,書くネタもなかったのですが。

そんなネタ無し一週間で最大のイベントだったのがコンサート。いつもならキンキラキンで有名な楽友協会大ホールへと出かけるのですが,今回はもう一方のキンキラキン,Wiener Konzerthaus。どちらかと言うとちょっと白っぽいイメージかも。

演奏はなんとあのWiener Philharmoniker,ウィーンフィルハーモニー管弦楽団です。指揮はV. Gergiev。ウィーンフィルの生演奏を聴くのは,国立オペラを含めて,確かこれでたったの3回目。楽友協会でのウィーンフィルコンサート,普通はチケットが手に入りません。

演目は,前半がTchaikovskyの交響曲第1番,後半はRimsky-Kosakovの代表作「シェヘラザード」。どちらもよく知った曲ですが,コンサートに行くまでは後半の曲を楽しみにしていました。

それがまあなんということでしょう。チャイコの一番,通称「冬の日の幻想」がもう感動もの。一楽章のファンファーレが鳴り響くところでは,思わず目頭が熱くなるほどでした。

シェヘラザードももちろん熱演です。なんとなくふんわりとしたイメージのウィーンフィルですが,Gergievの指先からでるダークサイドフォースが熱演へと駆り立ててるよう。ちなみにこの人,指揮棒無しで指揮します。

いやはや圧倒されました。今までおそらく40回はウィーンを訪問しておりますが,ウィーンフィルの生演奏に巡り会えるチャンスなんて滅多にありませんもん。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「ウィーンと言えばウィーンフィル」への14件のフィードバック

  1. Congratulations! ウィーンでウィーンフィルを聴くなんて!!
    半世紀ほど前、西ドイツのK町にしばらく滞在した折にヨーロッパ中のオーケストラに公演スケジュールの問い合わせの手紙(当時電子メールなんかなく飛脚だった)を出しました。パリ管弦楽団、シュトラスブールフィルからウィーン交響楽団まで、みな丁寧な返事をくれましたが、ウィーンフィルだけは一切なしのつぶて。よそ者としての壁を感じ、その後、ウィーンフィルは東京でしか聞けないものと理解しました。でもブレークスルーってあるんですね。

    1. 匿名ゴン猫さん,あの町だと西ヨーロッパの真ん中あたりなので,頑張ればあちこちのコンサートに行けますね。夜行電車かもしれませんが。ウィーンフィルからは返事がありませんでしたか。まずは楽友協会会員になれってことなんでしょうか。それともオーストリアの京都,ウィーンならではの塩対応だったんでしょうか。東京公演は時々やってますけど,チケットは超高かったような。

  2. めちゃめちゃ羨ましいです!!!ウィーンにそんなに頻繁に行っても聞けないもんなんですね・・・!羨ましい、の一言です・・・!

    1. ハクさん,なかなかタイミングが合わないということもあります。夏場だと,そもそもコンサートそのものがありませんし。

      1. あ、それわかる。数日ぶりに来て、あれどこだっけと探してしまいました。ゴーンさんがいっぱい寝ている。。。

        1. missssyさん,
          これっくらいの楽器ケースに,カルロスカルロスちょいとつーめて♪
          ってのがバズってました。

          1. すじの通らない日本の風紀、ってオチになりますかね。まあ、通ってないのは道理の方でしょうけれど。

  3. ウィーンでウィーンフィルの生演奏と巡り会えるのはそんなに普通のことじゃないんですか!?初めて訪れたウィーンの楽友教会で、国立オペラ座でウィーンフィルの生演奏と巡り逢えた私は超ラッキーだったんですね!短期間滞在でしたのに。今頃、喜びひとしおです。LiLA管理人様の興奮がよく伝わってくる本日のブログです!何もともあれ良かったです。このコンサートハウスには行っておりませんが、管理人様どこの席だったんですか?何か楽器や楽譜が目の前にあり迫力ありますね。指揮者も特徴ある個性的な指揮者の方のようでチャイコの一番とうまく調和されているのが伝わってきます。それにしても40回もウィーンを訪問されているとは、オーストリアととてもお似合いですね。

    1. いたずらリスさん,会員になってたらもっとチャンスあるんでしょうけど,さすがにそれはウィーン在住でもなければやりませんね。国立歌劇場のオーケストラはウィーンフィルの母体ですが,全員というわけではないです。大昔に東京で「バラの騎士」を見た時は,これがウィーンフィルの音なんだろうなと感じはしましたけど。
      席は中央後方でした。チケットはほぼ売り切れで,ほとんど選択の余地ない状況でしたが,それでも悪くない席でした。
      ウィーンに何回くらい来たかというのがたまたま先週話題になってて,ざっと計算してそれくらいになってるなと自分でもびっくりした次第です。毎年2回は行きますからね。

  4. この素適なホール(キンキラキンに見えません。ピカピカと
    いうより落ち着き感ある白金のイメージかな)で、
    ウィーンフィルの生演奏に感涙! 良かったですね~
    40回の訪問の中でいちばんの、忘れがたい出張になられましたね。
    感動のあまり、出張中のお仕事の内容が吹っ飛んで消えちゃった
    なんてことはありませんでした?

    1. ポージィさん,そうですね,白金のイメージかも。楽友協会のほうはもうちょっと暗い金の感じです。感動のあまり仕事内容が飛んで消えたかどうかは定かではありませんが,コンサートの間,仕事なんてどうでもいいやと思ってたのは確かです。

コメントは停止中です。