薄くちまちまと食べます

福岡の千鳥饅頭のお菓子,チロリアン。子供の頃からず〜〜〜〜っとあるんですが,バニラ,ストロベリー,チョコ,コーヒーの4種類が基本。僕はもっぱらコーヒー味を攻めていた記憶があります。

そんなチロリアンの九州版。もともと九州銘菓なのに,さらに九州版というのもよく分かりませんが,博多あまおう,宮崎マンゴー,それに八女の玉露味の詰め合わせです。

どれも味濃い目,なかでもあまおうはかなり来ます。その後に食べたマンゴーの味が分からないくらい。

ところで記憶が確かなら,チロリアンの筒状部分を薄く剥ぎながら食べていたような。最後クリームだけになったら,どうしてたんでしょうね。薄く剥ぎながらと言えば,ヨックモックもそんな食べ方していました。チョココロネも,渦巻を解きながら食べていました。ドーナツも周りから食べると,最後に虚無だけが残ります。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「薄くちまちまと食べます」への8件のフィードバック

  1. あれ?チロリアンは福岡銘菓でしたっけ。
    そうかチロルチョコそうですもんね。
    なんか小さいころから食べてたので知りませんでした。
    私はあれはがぶっと食べる派クリームがはみ出ましたけど、
    ゴーフルみたいな薄皮と混ぜて食べるのが王道です。

    1. Chieさん,チロリアンの千鳥饅頭は福岡なんです。チロルチョコももともとは福岡の会社ですが,あれは別の会社です。福岡に製菓会社が多いのは,炭鉱時代の名残なんです。当時は金回り良かったですからねえ。

  2. チロリアン、毎年のお年賀の中で、いとこ達の子供らに一番人気でした。福岡からこっちに帰省した…という年だけの限定でしたけど。缶もかわいかったし。

    私は子供の頃、餃子や肉まんの皮だけ食べていました。中身が何だか分からなくてコワイと思っていたので。←好き嫌いが多かった。

    1. チロリアン、テレビのCMは記憶にありますが福岡の饅頭屋の菓子だとは知りませんでした。南チロル出身の同僚におみやげにあげたいところです。Tyrolean なんて言葉が商標になりえるんですね。

      1. 現地委員さん,ジョージアっていう缶コーヒーもあるし,ブルガリアヨーグルトっていう日本製品もあるし,ルノワールっていう喫茶店もあるし,ソウルって名前のレストランもウィーンにあるし,まあいいんじゃないですか。

    2. Sanaeさん,缶入りのチロリアン,子供の頃はあれが定番でしたっけね。今じゃ袋入のばかりで風情ありません。肉まんの皮は僕もやった覚えがありますが,餃子の皮だけ食べるのはかなり高度な技術だと思われます。

  3. もう大分前になりますけど、チロリアンをお土産に
    いただいたことがあります。缶入りで、そうそうクリームは
    バニラ、ストロベリー、チョコ、コーヒー ってとこだったと
    思います。お写真のは神箱入りで個包装。今ではこういうのも
    あるんですねぇ。九州の名産品コラボ。
    あまおうと玉露食べてみたいです。あ、マンゴーも。
    って全部じゃん。
    私が薄く剥ぐように食べていたのはバウムクーヘンです。

    1. ポージィさん,さすがに定番チロリアンばかりだと,売上に影響するんでしょうね。そのうちあちこちのご当地グルメチロリアンが出回るのかもしれません。岡山のマスカットチロリアンとか,名古屋の味噌煮込みチロリアンとか。バウムクーヘンのうす剥がしは,実は難易度高いです。よくやってたので知ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください