魂の麺類と麺麭

学生時代は飲み会の〆にラーメンというのが定番,とはよく聞く話ですが,僕は当時,博多ラーメンの匂いが少々苦手で,あまりやりませんでした。友人らは屋台で食べてるのですが,僕はそれを横目に酒呑んでるだけとか,先に帰っちゃうとか。

豚骨の匂いだけでなく,油ぎっとりなスープも苦手な理由でした。とあるラーメン屋は,友人らの間でも賛否両論なほどのギトギトラーメン。話を聞いただけで,店のカウンターが油でベタベタしてそうで,敬遠していました。

それが今ではさほど気にならず,普通に博多ラーメンを食べるようになっています。慣れたのかなと思う反面,アチラ側も一般受けするようにすり寄せて来たんじゃないかと。

とは言え,積極的に食べるでもなく,帰国時に欠かさないのは,蕎麦とうどん,それにカレーパン。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「魂の麺類と麺麭」への8件のフィードバック

  1. 博多ラーメンの白いスープあれは何で白いんだろう?
    と思いながら強い匂いにびびって苦手意識がありましたが、
    どこのラーメンも一時の激戦区状態が洗練されてきました。
    博多ラーメンも博多風ってかんじでしつっこくないです。
    おフランスのシェフがラーメンのスープを学びに来るほどだから、
    スープを残す私はバチ当たりでしょうね。
    年のせいと場数のせいで口が肥えてしまいお蕎麦もうどんも近所のじゃだめ。
    だって同じものとは思えないほど違うんだもん。
    だから偉そうに言うほど食べていません。
    カレーパンはそこまでの差が無いのがありがたいです。

    1. Chieさん,僕もたいていスープは残しますよ。あれぜんぶ飲み干すと,お腹たぷたぷです。最初スープをたっぷり残して食べるのは,「替え玉」するためですが,自分の人生の中で替え玉したことはあっただろうか。上質の蕎麦は全く味が違いますね。そこそこお高いんですが,あれを味わってしまうと,中毒になります。

  2. ご当地っ子だからといって、誰もがそこの名物が
    大好きとも限らないのですね。そりゃそうですよね。
    油脂いっぱいこってこては、健康考える人が増えた最近じゃ
    敬遠されがちでしょうね。やっぱりそこは、世間のニーズに
    合わせて歩み寄らないと。客層を広げるためにも。
    時間をかけてちょっとずつ変わってきたのかもしれませんね。
    そういえば、宇部の一久ラーメンというのも、子供のころ
    食べたのよりあっさりになったと、夫が言っとりました。
    私は多分現在のお味が限界です。

    1. ポージィさん,ラーメンは確実にあっさり化してると思います。とは言えまだまだきつめの味なのは,あれに慣れてしまうとあっさりが物足りなくなるからでしょうね。まずはあっさり風味で客を多く獲得しておいて,ぎりぎりのところでリピーターにさせてしまう。もっとも,うどんだって揚げ玉入ってたらそれなりに油は多いんですけどね。

  3. ちょうど九大出張で福岡に来てラーメン食べたところですが、中年の弱った胃腸にも優しい豚骨スープでした。かつての味は存じ上げないのですが、たしかに標準化されてきたのかもしれませんね。

    1. Hiroさん,ぎとぎと度は店によるんです。でも匂いは確実に中和されてきてると思います。大酒飲んで〆ラーメン食べてリバース … いやいや,そういうのは記憶から消去されてますから。

  4. かたまりじゃなくてソウルフードの方でしたか、といってもビビンバじゃない方で。屋台も継続が大変なようですね。数年前に行った長浜の屋台、機会があったらまた是非と思っていたのが免許更新できなくて廃業、残念と思っていたら、広い店を借りて店内に屋台をしつらえて復活したそうです。こういう話はうれしいですね。とはいえ、福岡再訪はいつ実現するのだろう。。。その時はまた八女本舗にも、と思っています。

    1. missssyさん,石焼きビビンバ好きです。あのお焦げが最高です。Los Alamosの某寿司屋さんに行くと,必ずあれを注文します。それはさておき,僕はラーメンよりは,やっぱりうどんですねえ。子供の頃から,一人でうどん屋に食べに行ってましたもん。福岡に来ることって,たまたま学会でも無い限り,あまりないでしょうね。僕も仕事で来るのは久しぶりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください