急がば回れの会議準備

来月幾つかの講演をこなす必要があり,この週末は発表スライドを作っておりました。スライドって未だ呼ぶのも変ですが,まあプレゼンです。さすがにOHPと呼ぶ人はもういませんが,viewgraphと呼ぶ人は今もたまにおります。

発表スタイルにも個性があります。毎回基本はほぼ同じスライド,でもちょっとだけ内容を変えて持ってくる手抜きスタイルとか,動画てんこ盛りの凝ったのが好きな人とか,ネットで集めてきた,それって著作権的にどうなのよ画像だらけなのとか。

僕は大体毎回作り直しますが,勿論過去に使ったプレゼンテーションのリサイクルはします。適当に喋ればいいだけの会合なら,当然リサイクル率は上がります。時間の節約。

さて来月の講演分も時間節約と思い,2つの会議のスライドをまとめて作っていたのですが,それが良くなかった。聴衆がかなり違うということを,深く考えていませんでした。

このページは,あっちの聴衆にはいいけど,こっちの聴衆には難しすぎるとか。これはあっちの興味外とか。今日,ようやく30ページのプレゼンを完成させた後,2つに分離することに決定。こりゃ初めから真面目に2つ用意しておいたほうが早かった。眼精疲労が …

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「急がば回れの会議準備」への6件のフィードバック

  1. わ~、そのカボチャ、全部食べられるタイプなのかしらん?こんなに種類あるのに、みんな「日本のカボチャ~」って欲しがっていたのを思い出します(笑)。

    でも、今よく見ると、日本で売っているカボチャはメキシコ産と書いてあることも。

    カボチャを食べつつ、つぶつぶ雪で目を冷やすと、疲れがとれる…か…も???

    1. Sanaeさん,この写真のカボチャは食べられるのもあるっぽいですが,普通は飾りでしょうね。日本のカボチャは普通に手に入るようになりましたよ。名前もそのままKabochaです。つぶつぶ雪で冷やすより,レンジでちんした暖かタオルですかねえ。深夜0時くらいになると,パソコン画面がかすんできます。

  2. 細かそうな作業、お疲れさまでした。
    最近細かな作業はすっかり辛くなりました。
    もともとが遠視気味だったものですから、眼鏡なしじゃ
    手元が何にも見えません。なのに、創作は細かい作業の
    あるのが作りたくなってしまうのです。
     
    たっくさんのカボチャはハロウィーンに向けてでしょうか。
    あれとあれとあれは食べられそうだな‥
    日本では手のひらに乗りそうな大きさのおもちゃカボチャが
    200円~くらいで手に入ります。

    1. ポージィさん,創作活動って目が大事ですよね。あまり疲れ目になりませんように。僕も休み休みしつつ,長く目を酷使していきます。このカボチャはハロウィン用ですよ。パンプキンパイを作るもよし,飾るもよし。流石に手のひらサイズは見当たりませんが,本当のおもちゃなら幾つかコレクションしております。

  3. 美味しいカボチャの見分け方で、
    部分的に赤や黄色になってるやつが美味しいとか。
    じゃー全部赤いのや黄色いのはどうなんだ?
    といわれるとう~~~~ん・・・

    1. Chieさん,すくなくともこちらでメジャーなハロウィン用の全部黄色いカボチャは,食べても美味しくないです。食べられないことはないそうですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください