何かを勘違いしているウィーンのハワイ料理

ウィーンでの仕事先のカフェテリア,安くて美味しいランチが食べられるので,毎日利用します。ピザや寿司,中華,パスタ等など色んな料理が揃っているのですが,その中でなかなか手を出せないのがスペシャルコーナー。いつも行列が長く避けておりましたが,この日はちょっと変わったものが出されており,しかも列も短いのでチャレンジ。

それはハワイ名物,ポキ丼(ポケと書かれることもあり),日本の漬け丼のようなもので,アヒ(マグロ)のポキなんて,まさに日本料理です。でもメニューに書かれたサーモンに少々違和感ありました。さて,どんなものかと言うと …

うーん,なんだろうこれは。底にはご飯,その上に大量の生野菜,そしてほぐした焼き鮭,不思議なソース。どうやらハワイとは無関係のポキ丼だったらしい。

閑話休題,楽友協会の売店で売られていたMozart傘。こんな柄の傘をさすのは少々勇気が必要ですが,それ以上に問題が。

Eine Kleine Nachtmusikの楽譜が印刷されていますが,思いっきり音を間違っています。音楽の殿堂,楽友協会にこんな商品を置いていいのか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「何かを勘違いしているウィーンのハワイ料理」への6件のフィードバック

  1. ご飯に生野菜に鮭のほぐし身までは、だいたいの味の想像が
    できます。問題は「不思議なソース」かと。
    色薄めのとろとろのカレーのようにも見えますが‥??
    新たな創作料理の誕生かな。
    列が短かったということは人気もいまひとつだったのでしょか。

    1. ポージィさん,不思議ソースは,ちょいとピリ辛マヨネーズ味噌っぽかったのですが,なんでしょね。創作料理であることは間違いありません。人気がいまひとつだったんでしょうねぇ。

  2. モーツァルトといえばアイネクライネ、って本場でもド定番は同じなんですね。Fisもおかしいですが、最後のDにまで8分音符の連桁が伸びてるの気になります。

    1. Hiroさん,ほんまですやん。最後が8分音符になってますね。それにしてもモーツァルトに偏りすぎだと思います。生まれも育ちもウィーンと言えばシューベルトではないかと思うんです。

  3. このお笑い傘、発売中止になる前にぜひ買わねば、、といっても私は傘をささない人なのでどなたかに差し上げるということになりそうですが。

    1. 現地委員@北京さん,僕もこちらでは傘を使う機会はありませんねえ。やはり日本の方へのお土産がよろしいかと。楽友協会で無くても,町中の土産物屋で売られてそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください