夏と冬の境界で

週末,爽やかな秋晴れの中,久しぶりに外で仕事をしようと,パソコン,Bluetoothスピーカー,アイスコーヒーの三点セットを持ち出しました。でも寒いんです。爽やかさだけでは耐えきれなかった。

日陰になると,とてもじゃないけど野外で仕事なんて優雅なこと言ってられません。毛布が欲しいくらい。で,足を日向へと延ばします。

そうすると,暑いんです。直射日光でそこだけチリチリと焼けるよう。中間が無いのです。

寒くなれば直射日光面積を増やし,暑くなってくるとじりじりと日陰へ移動。平均値が欲しいんですけど。

先週まではまだまだ夏の続きだったのに,今週から突然朝冷え込むようになりました。朝は上着を。でも昼はまだ暑い。折衷案として,半袖Tシャツにジャケットをひっかけるという,ちょい悪オヤジスタイルそのまんまで通勤しております。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「夏と冬の境界で」への4件のフィードバック

  1. 写真を見るとどう見てもカラリと晴れていいきもち~~って、
    見えますけどチリチリとすね毛も焼けるわけなんですね。
    日陰と日向との差。想像できません。
    ところでこんないい場所に隣の猫殿は日向ぼっこに来てませんね。

    1. Chieさん,日光が当たるとチリチリなりますね。レーザー脱毛と同じです。すね毛が白髪になれば,暑くないのかもしれません。そういや猫は来てませんでしたね。あの猫の行動パターンはさっぱり分かりません。

  2. ちょうどいい~~ 気持ちいい~~ っていう中間は、
    どうしてなかなかないのでしょう。
    そこまで日陰と日向の体感温度が違う状況の中で「快適」を
    見つけるのはかなり難しそうです。
    今日、うちの辺りはカラッとした空気で爽やかな風が
    適度に吹き抜ける気持ちの良い日になっています。
    まぁ、日向はジリジリ暑いですし、最高気温は9月末に
    しては高いのですけど、私には心地よいのです。
    こんな日は年に数日しかないかも。

    1. ポージィさん,一番の快適は,やっぱり家の中なんですが,それじゃ意味ないですよね。もう少し秋が深まれば,日向ぼっこも気持ちよさそうです。日本の秋晴れ,初冬の小春日和,散歩するときもちいいですよね。気候の穏やかさに関しては,日本の方がずっと心地よいと思います。

コメントは停止中です。